bouncy
ABOUT US
Products

どんなかな? 新AirPodsを実際に使ってみたレビュー

AirPodsが新しくなり、より使いやすくなったとのことでしたので、試してみました。

今回の技術的な大きな変更は、ヘッドフォンチップが新しくなったことです。W1からH1にバージョンアップしたチップは、デバイスへの接続・切り替え、Siriの音声起動、ゲームのレイテンシ改善など、様々な「使い勝手改善」を実現したとのこと。

さて、それによって、僕らユーザーの体験はどうなったのでしょう?
旧AirPodsからできることも含めて、以下、使用感レポートです。

接続/別デバイスへの接続し直し

AirPodsをつなぐのは簡単すぎて拍子抜けするほど。iPhoneの近くに持っていくと、勝手に認識します。あとは画面の指示に従って接続するだけ。

AirPodsはApple IDにひも付きます。なので、一度どれかのデバイス(たとえばiPhone)で接続すれば、別のデバイス(たとえばiPad)でも、コントロールセンターからAirPodsを選ぶだけで、スムーズにつなぎかえることができます。

この辺のユーザー体験は素晴らしいです。僕はしょっちゅう接続先を変えるので、ここのストレスがないのはまことにありがたい。他のBluetoothヘッドフォンとはレベルが違う快適さだなと思います。

あと、接続周りの認識が、明らかに早くなっています。耳に入れた瞬間につながる、みたいな。
この辺もストレスフリーにつながって良いですね。

ワイヤレス給電/バッテリーの確認

Wireless Charging CaseというケースはQiに対応しているので、ワイヤレスで充電できます。
Qiは実際にやると本当に便利です。日常から、ひとかけらの煩わしさを確実に取り払ってくれます。

バッテリー容量は、デバイスにAirPodsが接続したとき表示されます。また、デバイス側のウィジェットを編集して「バッテリー」を表示するようにしておくと、そこからも残り容量を確認できます。

地味に便利なのでぜひやってみてください

つけ心地

軽くてしっかりと装着されていて、最高です。1日中つけててもいいくらい。
落ちやすそうな見た目ですが、頭を振っても、かなり激しく踊っても、落ちません。落ちる気配さえ感じないので、安心してつけておけます。

聴く/話す

音質はとてもクリアです。重くはないですが、音がハッキリと聞こえる感じ。中音域と高音域がキレイなので、音楽だけではなく、電話の音もしっかりと聞き取れます。こちらの声も、街中でも相手に聞き返されなかったので、ちゃんと拾ってくれていたのだと思います。

ところで、「あれ? 聞こえないぞ?」というときは、以下の2つを確認してください。

・耳につけているか
AirPodsは、自分が耳についているかどうかをセンサーで感じ取っています。

・AirPodsを選んでいるか
音の出力先がAirPodsになっていないのかもしれません。コントロールセンターから選び直してください。

Hey Siri

今回から、AirPodsをタップしなくても、「Hey Siri」と呼びかけるだけで、Siriが反応してくれるようになりました。
音声コントロールにおいて1タップあるかないかは大きな違いです。Siriにとって偉大なる一歩といっていいでしょう。

タップ不要になったので、逆に、タップしたときの動きを、より音楽向けにカスタマイズするのも手です。
左耳は前の曲、右耳タップは次の曲、といった風に。

・ ・ ・

形の変化はないものの、目に見えないところの変化が大きい今回のAirPods。
まさに良質って感じでした。

AirPods
Apple

Masaaki Ishino
bouncy編集部ディレクター

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP