bouncy
ABOUT US
Products
鉄道ジオラマで夢の鉄道運転手に?「Diorama Explorer」

世界中にコアな愛好家が多い「鉄道ジオラマ」。ミニスケールの線路の上を、精巧な電車模型が走る様は、いつまでも見ていられる魅力にあふれている。そんな「鉄道ジオラマ」に夢中なファンであれば、一度は「この光景を電車目線で楽しんでみたい」と考えたことがあるのではないだろうか…?

そんな人々の願いを叶える待望のプロダクト、「Diorama Explorer」が、株式会社システムゼウスにより開発された。

「カメラカー」でジオラマの世界に没入

「Diorama Explorer」は、本物さながらの作りで人気のNゲージ及びHOゲージで、カメラカー(車両)をアプリで運転し、鉄道ジオラマを楽しむことができるプロダクトである。カメラにより映し出された景色を専用アプリによりタブレットやスマホで鑑賞することができ、気分はまるでリアルなジオラマの中を走る運転手だ。

普段は外からしか楽しむことができなかった鉄道ジオラマだが、「Diorama Explorer」により、自分が小さくなってジオラマの世界に入り込んだような体験ができるのだ。実際にカメラカーが撮影した映像では、対向車とのすれ違いや、夜景と共に走る鉄道模型を楽しむことができる。

またカメラカーを逆走させれば、対向車を追いかけて撮影することも可能。「Diorama Explorer」は、今まで実際にやってみたいけどできなかったことを、よりリアルに実現してくれるアイテムだ。録画機能もついているため、自分のお気に入りのシーンを撮影して、保存しておけるうれしい機能だ。

カメラにはソニー製のアクションカムが使用され、走行時の振動にも強く、広角で、臨場感ある映像を楽しむことが可能。

実車に近い操作でリアルな運転体験

「Diorama Explorer」は、カメラでの撮影だけではなく、カメラカー自体を運転する楽しみもある。運転に使うマスコンやブレーキ、警笛ボタン、速度メーターがあり、本物さながらに走らせることができるのだ。他にも緊急停止ボタンや、停車位置を変更する逆走ボタンなど様々な動きに対応している。駅にスムーズに停車できるか、ブレーキング操作を競うのもまた楽しいだろう。

「Diorama Explorer」は、実車に近い、自然な加減速操作が体験できるように作り込まれている。加減速の強さを設定から変更することも可能で、運転にこだわりがある人も満足する本格仕様となっている。

基本的な操作方法は簡単で分かりやすく、大人はもちろんのこと、子どももすぐに使いこなせるという。実際にいくつかの鉄道模型イベントでの展示では、多くの子どもが手に取り、「Diorama Explorer」を楽しんだとのことだ。

・ ・ ・

鉄道ファンには、たまらない要素がたっぷり詰まった「Diorama Explorer」。このアイテムで撮り鉄や乗り鉄も大満足するはず。

Diorama Explorer
Courtesy of 株式会社システムゼウス

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...