bouncy
ABOUT US
Products

耐熱温度235度。何度でも使えるシリコン製のラップ「Food Wrap」

もう、くしゃくしゃになってしまうラップは過去のものになりそうだ。

オーストラリアのメルボルンに拠点を置き、プラスチックなどが使用される食品用ラップフィルムの代替として、Kimberley Jayne Henderson氏が考案したシリコン製のラップ「Food Wrap」。

235度の耐熱温度をもっており、オーブンや電子レンジの中で使える汎用性の高さとなっている。シリコン製のため、その一枚を洗って何度でも使えるのも便利だ。

しかも、素材はアメリカ食品医薬品局に承認された高品質なシリコン製。有害な化学物質がでてくる心配もない。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。3枚セットから21豪ドル(約1,700円)+送料で入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年6月から発送される。

ボウルを傾けても水がこぼれないほど密閉できる

Food Wrapのサイズは、40cm x 30cm x 1mm。そこからさらに3倍に伸びるので、プレート、ボウル、お弁当、果物、軽食なんでも包み込める。しかも、逆さにしても水がこぼれないほど密閉できるので、食品をしっかり気密できる。

・ ・ ・

何度も洗えるし、なんでも包み込める「Food Wrap」。もう食品用ラップフィルムを買う日は、こなくなりそうだ。

Food Wrap
Kim

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP