bouncy
ABOUT US
Event

1〜6階まで全部すごい! 原宿にオープンした世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」

最初に言っておきたい。一見の価値アリと…!

原宿の竹下通りを通り抜け、右折したちょっと先にそびえ立つ、世界最大級のGalaxyブランドの常設ショーケース「Galaxy Harajuku」。

2019年3月13日にオープンしたばかりのこの"ショーケース"。ショーケースと一言で表すのがもったいないほど、従来のイメージからは一線を画している。

B1〜6階までフロアが存在し、洒落たカフェがあるわ、ロボットアームが稼働して製造工程を再現しているわ、VRアトラクションがあるわで、見るというよりも体験主体の施設なのだ。

それでは、1階〜6階まで回ってみよう。

1F:Galaxy世界への入り口

サウンドや映像の制作にチャレンジできる「Sound Wall」が入り口すぐ横に設置されている。サウンドトラックを選び、タッチテーブルをタップするだけで、さまざまなエフェクトを駆使してオリジナルのサウンドを作ることができる。つくったものは壁に設置された複数のGalaxyデバイスと同期できる。

その他、スマホGalaxy S10など、最新のデバイスを触れる「Hands-on Lounge」や、「エクレアデコレーション体験」「おいしいサラダの作り方を学ぶ」「キッズフォトクラス」など、さまざまなイベントを開催する「Community Square」もある。

2F:テラス席がイケてるカフェやキッズラウンジが。

子どもでも楽しめる体験ゾーンやスマホ以外のGalaxy製品を触れるスペースが用意されている。が、2階最大の特徴はカフェでしょう!

カフェはテラスも用意されており、ラウンジチェアで原宿の空を眺めながら、オリジナルの焙煎コーヒーやスイーツを楽しめるという乙な時間を過ごせる。このカフェが目的で訪れる人も多そうだ。

3F:オリンピックで実際に使われたトーチやロボットアームが稼働中

3階のコンセプトは「Galaxy within」。インタラクティヴな体験を通じて、ブランドのストーリーを発見できる。

フロアに入って、最初に目に入ってくるのが実際に稼働しているロボットアームという、なかなかのサプライズ。製造工程を再現してるようで、せっせと働いていた。

だが、一番の目玉は本物の聖火トーチでしょう。1998年からオリンピックのスポンサーをしていたSAMSUNGだからできたことか、大会ごとに使われたトーチが実際に展示されているのだ。

4F:ここから完全にテーマパークに!

4階には、Galaxyを使って、絵を描いたり体を使ったアクティビティが楽しめる。

写真の背景デザインを描いて、自分の写真を撮ると描いた絵が背景になる「Mirror Booth」。
何台ものGalaxyがいろんな角度から被写体を撮影し、躍動感溢れるスーパースローモーションの動画を撮れる「Super Slow-mo Challenge」。
VR世界で一人がキッカー、もうひとりがゴールキーパーになってペナルティキックを体験できる「Shoot-out VR」。
180度いっぱいに並べられたモニターに、Instagramアカウントの投稿が表示される「Social Galaxy」。

合計4つのアクティビティを楽しめる。

4階で是非体験してほしいのが、「Social Galaxy」。部屋の上下がミラーになっているので、180度に表示された映像が、あわせ鏡のように上下にどこまでも伸びているのは圧巻の体験だ。

5F:24人が同時に楽しめる4Dシアターが登場

5階には2つのVRアクションが用意されている。Galaxyのデバイスを使用したVRヘッドセットとレーシングカーのコックピットのような座席で、没入感抜群のレーシング・ゲームを楽しめる「Racing VR」と、24人が同時に体験できる4D映像体験「4D Theater」。こちらもGalaxyを使用したヘッドセットだった。

6F:ラジコンレースや時速130kmの五輪競技を体験!

6階には6つのアトラクションが用意されている。

仮想のGalaxy Watchのフェイスめがけてジャンプして、誰が一番タッチできたかを競う「Jumping Challenge」。
Galaxyを使ってAR絵文字やライブ・メッセージを作成する「Live Message」。
時速130kmで氷上を滑るウインタスポーツ・スケルトンを4Dで体験できる「Skeleton VR」。
スーパースローモーションで撮った写真をデコれる「Super Slow-mo Booth」、Galaxyで撮影した写真をその場でプリントできたりSNSにアップできる「Photo Booth」。GalaxyでRCカーを操作して、3人で順位を競う「RC Car Challenge」。

RC Car Challengeは、レース中の様子をコースに設置されたGalaxy Noteがスーパースローモーションでを撮影してくれる。撮影した映像は最大5つを選んで、QRコードからダウンロード可能だ。

・ ・ ・

ただ自社ブランドの宣伝をするだけでなく、最新テクノロジーでどんな楽しいことができるのかを体験させてくれる「Galaxy Harajuku」。遥か彼方の銀河系より近くの銀河で冒険してみる?

ちなみにB1は、1〜6階があまりに見どころが多すぎて、取材時間中に訪れることができなかった。是非、みなさんにB1の謎を解き明かしてほしい…。

▼店舗名
Galaxy Harajuku
▼場所:
東京都渋谷区神宮前1丁目8-9
▼Googleマップ

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP