bouncy
ABOUT US
Event

IoTで未来の生活はどう変わる?訪日客に人気のホステルに学ぶ。明日を刺激する「bouncy cafe」オープン

歯磨きや着替えをしてくれる身支度ロボットとか、ボタンを押すとホカホカの料理が出てくるオーブンとかにワクワクした時代があった。
未来をイメージすることは、ずっと楽しい。
bouncy cafeではコーヒーを楽しみながら、読者の皆さんとともにより良い未来を考える。
テクノロジーやものづくりの側面をカジュアルに学び・イノベーティブを体感する場所だ。

初回は「IoT」にフォーカス。まさに身近にある未来を感じるテーマである。
IoTホステル&AND HOSTELを全国展開するand factory株式会社 取締役の梅本祐紀氏(以下梅本氏)をゲストに迎え、IoTの今や未来を深掘っていく。

宿泊業界とインバウンド需要にIoTをリンクさせて新しい価値を

梅本氏「インバウンド需要は予想を上回るペースで拡大していて宿泊施設が足りないという社会課題があったことです。一方で、『IoT』というワードが話題になっているものの具体的に何ができるのかイメージできていない方も多かった。そこでIoTを体験できる宿泊施設をつくったわけです。」

編集部「海外からの旅行客は右肩上がりで増加中と聞きます。」

梅本氏「体験価値が高い施設は増えているが、日本には海外の方が気軽に泊まれるホステルが少ない。また、宿泊業界に関わるひとに話を聞いたところ、運営体制などは長く変わっていないところも多く。レガシーな業界の中で悩まれている方も多いとわかりました。」

編集部「それを解決するのもIoTだったわけですね!」

梅本氏「掛け合わせることで宿泊業界の悩みを解決しながら、宿泊者はIoTのプロダクトの体験ができると思いました。どうすればより気持ちよく過ごせるか。独自のIoTプラットフォームを作って提供しています。」

編集部「例えばどんな過ごし方ができるのでしょう?」

梅本氏「スマートロックからTVのスイッチもスマートフォンで操作できます。個々での操作だけでなくシーンごとに一括で起動できるのが特徴ですね。朝起きるシーンでは自動でカーテンが開いてTVや明かりなどが一斉に起動します。」

編集部「ボタンひとつで部屋が整うなんて、夢のようです。」

インバウンドのお客さんの反応は?これから裾野を広げる分野は?参加者から熱い質問が飛び交う。
ちなみに&AND HOSTELでは個々のIoTプロダクトのほとんどが既製品なので、購入の前に一度試してみたいという方にも良さそうだ。

テクノロジーの根っこに日本のおもてなしマインドを持つIoTホステル

梅本氏「宿泊業界だけじゃなく、ユーザー体験をデバイスメーカーなどにフィードバックすることでIoT業界全体の底上げもしていきたいと思っています。センサーが反応しないぞ、とか動きが遅いな、とか。」

編集部「自社で場を持っているからこそ、トライができるんですね。」

梅本氏「地域とも連携していきたい。モノの消費からコトの消費へ。心に残る体験をホステルから。そんな思いもありチェックインサービスinntoや客室内タブレットサービスtabiiを開発しました。」

編集部「チェックインの待ち時間とか、多言語で対応できるとか、かゆいところに手が届いていますね。ストレスフリー!」

ちなみに、編集部が実際に&AND HOSTELに潜入してきたコンテンツはコチラ

IoTが広がった先にある未来を考える

「今後もやりたいことがたくさんある」と梅本氏。

梅本氏「海外の方が感動するポイントを抑えつつ、日本のお客様もシェアしたくなるようなサービスも構想としてある。いつも様々なトライを試していて、店舗でデバイスも違うので社内のエンジニアにはまた変えるの!?と言われます。笑」

編集部「どんどん新しくなるIoTホステルの今後が気になる!参加者の皆さんはIoTで何がしたい?何ができると思う?」

参加者「昔駅の待合室などに置いてあったノートで時間を超えて利用者が交流していたようなイメージで、宿泊者が自由に書き込めるデジタルノートをつくってほしい!」

参加者「無人島で活用できるIoTはないか?」

参加者「ロボットペットが街を案内してくれたら癒される」

プロダクトに直結しそうなアイディアやヒントがたくさん飛び交った。

今これを見ている皆さんは何を学びたい?何に触れたい?
bouncy cafeでは今後も読者の皆さんとイノベーションを生み出す仕掛けを考えていく。

動画だけでなく、実際に触れて体験できる未来を!

■bouncy cafeとは?

プロダクトとユーザーがともにより良い未来を考える共創型プラットフォーム「bouncy Lab」を始動。「トークセッション」「ワークショップ」「エキシビジョン」などを開催予定。中でもbouncy cafeはコーヒー片手にトークやワークショップを楽しむコンテンツ。

bouncyではコラボ企業・メーカーを募集中! お問い合わせはフォームより

井手 絵梨子
bouncyビジネスチームにてリアルイベントやSNSを担当。たまに記事も書きます。
アパレル→ITという経歴で、シティポップが好きです。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP