bouncy
ABOUT US
Event

ボケ具合が幻想的すぎるニコンの"F値0.95"レンズ「Noct」をCP+2019で体験

2019年2月28日(木)〜3月3日(日)にかけて開催中の、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2019」。ニコンブースでは、開放F値0.95の標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」などを体験してきました。

驚異のボケ味を実現する「Noct」

初日に訪れたニコンブースは大盛況、特に「Noct」の体験ブースで行列ができていました。

開放絞り値F0.95の「Noct」は、非常に「明るい」レンズといえます。レンズが明るい分、シャッタースピードがかせげるので、よりブレずに撮影しやすいといえるでしょう。その上で、幻想的なボケ味を実現します。

三脚で固定されたNoct装着のカメラで、モデルさんを写してその性能を確かめることが可能。F値は0.95で固定された状態で、モデルさんにフォーカスを合わせると……

モデルさんの背景に何があるのか、わからないほどのボケ具合。単に強烈なボケ味というだけでなく、モデルさんが、高い解像力で美しく写っていました。

なお、体験ブースの展示品は開発段階のもの。発売時期・発売価格などは未定ですが、製品版はフォーカスリングの滑らかさなどが、よりブラッシュアップされて登場するとのこと。

「瞳AF」デモ体験

「Noct」の隣のブースでは、開発中のZシリーズファームアップデモ機による「瞳AF(オートフォーカス)」機能を体験できました。

カメラをかざしてみると、よくある顔認識の追従枠よりさらに小さい、瞳AFの枠がモデルさんの目を追いかけます。

静止画のみですが、ポートレート撮影に適した機能で、モデルさんが動いても、こちらが動いても、しっかりと瞳を追従してくれます。左右のどちらの瞳を追従するか選べるほか、複数の瞳を検出できるため、どの瞳にピントを合わせるかも選べます。

2019年5月ごろに公開予定とのこと。

・ ・ ・

なお、CP+ 2019のニコンブースで、体験できる機材は以下の通り。

カメラ
Z 7/Z 6/D5/D850/D500/D7500/D3500/
COOLPIX A1000/COOLPIX B600/COOLPIX P1000

レンズ
NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
マウントアダプター FTZ
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR

気になる製品があれば、いちはやくニコンブースで試せるチャンスとなっています。

ニコン
CP+ 2019ページ

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

のだ ゆうた
最新ガジェットとゲームとネコに目がないウェブライターです。
狩猟免許持ってます。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP