bouncy
ABOUT US
Event
海の世界をデジタルアートで彩る最先端エンターテインメント「花火アクアリウム by NAKED」レポート

2017年7月8日(土)から10月1日(日)までアクアパーク品川で行われている「花火アクアリウム by NAKED」。海の生きものをプロジェクションマッピングをはじめとした様々な先進アートで彩る期間限定のイベントだ。人気のドルフィンパフォーマンスをはじめ、水槽展示エリアで体験型のエンターテインメントを楽しめる。

演出を手がけるのは「NAKED Inc.」

このアート演出を手掛けたのが「NAKED Inc.」。これまで映画やMVなど映像を中心としたクリエイティブワークを行い、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』や「TOKYO ART CITY by NAKED」などを手がけたクリエイティブチームだ。

今回、「アクアパーク品川」を最先端の映像テクノロジーで演出し、これまでにない体験を提供してくれる。

テーマは日本の夏の風物詩「花火」


館内は風鈴、和傘といった和を感じることができる装飾が施され、そこに夏の風物詩である花火をプロジェクションマッピングなどで投影。日本の夏の風物詩を一度に味わうことができる演出。

また展示エリアはゾーンごとにコンセプトが決められており、趣の異なる日本の夏を体感できる空間となっている。

エントランスを彩る”水花火”は水しぶきの花火が壁面と床面に投影され、まるで花火に包まれているかのような清涼感のある空間を実現。

続く”金魚花火”エリアでは色鮮やかな金魚と天井に揺らめく風鈴に花火が組み合わされ、日本の夏の風物詩を凝縮した幻想的な空間をくぐり抜けることができる。

”傘花火”がテーマとなっているカフェバーにはたくさんの和傘が飾られ、そこに花火が投影される華やかな空間となっている。

まるで舞台のようなドルフィンパフォーマンス

中でも圧巻は、最先端のテクノロジーとイルカたちの躍動が掛け合わされ、臨場感あふれる空間演出が実現した夜のドルフィンパフォーマンス。ウォーターカーテン・プロジェクションマッピング・水中照明などの演出設備を駆使し、デジタルだからこそ実現できる光の花火を織り交ぜた幻想的なステージとなっている。

アクアパーク品川に日本の夏を描き出した「NAKED Inc.」代表の村松亮太郎氏に今回のコラボレーションの狙いについて聞いた。

体験を再価値化する


ーー今回なぜアクアリウムの演出を?

村松:水族館をただ魚を見にいくという場所ではなく、何か新しいテクノロジーアートを掛け合わせることで、今までになかった楽しみ方ができる場所にしたいという思いはありました。テクノロジーアートで今あるものの見方を少し変えてあげること、体験を「再価値化」することができればおもしろいと思うし、「花火アクアリウム by NAKED」ではそういうものを提供できたんじゃないかなと思っています。

ーー今後の目標は?

村松:目標は、ないですね。着いたら終わっちゃうじゃないですか。例えば登山だとしたらヘリコプターで頂上にいったらそれは価値があることなのか、プロセスの中で鹿と出会うだとか、湖を見つけるとか、そういうことを楽しむことが価値につながるんじゃないかと思っています。テクノロジーが発展するとVRで旅行するとか体験の価値が曖昧になっていく気がしていて、いろんな体験の中でどこに価値を置くのかを考えることはすごく重要になってくると思いますね。

・ ・ ・

私たちに水族館の新しい楽しみ方を提示してくれる「花火アクアリウム by NAKED」。その幻想的な空間の中で自分だけの新しい価値を探してみては?

花火アクアリウム by NAKED

期間:2017年7月8日(土)~2017年10月1日(日)
営業時間:10:00-22:00
場所:アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
入場料金:
– 大人 2,200円
– 小・中学生 1,200円
– 幼児 700円
※アトラクションは、別途:各500円(1回)となります。

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...