bouncy
ABOUT US
Technology

日本の家政婦はロボットを遠隔操縦する時代に。未来すぎる家事支援サービス「ugo(ユーゴー)」、始動!

2019年2月7日、Mira Robotics株式会社がロボットと人による家事支援サービス「ugo(ユーゴー)」を発表。

2本のアームと高さを調整できるボディを持ったロボットを、人が遠隔操作することで、ご家庭のさまざまな家事をロボットが代行してくれる。

アプリから必要なときに家事を依頼でき、家に設置されているugoをオペレーターが遠隔で操作する。

老年人口増加、生産年齢人口減少の未来を見据え、共働き世代や高齢者の家事支援ニーズの増加を見越したサービスで、月額2万〜2.5万円(週に数時間の稼働)を想定。

従来の、人による家事代行サービスの相場が月額5万円〜10万円のようなので、それを考えるとかなり安価なサービスだ。

他人が家に入ってくることもないし、留守中のプライバシーを気にする必要もない。

未来すぎる家事代行を実演

今回の発表会で、洗濯機から洗濯物を取り出し、物干し竿にかけて、洗濯物を畳む。といった洗濯の一連の流れを実演。

デモ時には有線で接続されているが、実際はLTEとWi-Fiによる無線操作が可能。内蔵バッテリーで最大4時間の連続稼働が可能だという。

ちなみに、段差は苦手。ベランダへの移動などはスロープを使ってほしいとのこと。

ソフトウェア制御で勝手な行動はできない

ロボットとはいえ、人が操作している以上、2本のアームで何をしでかすかわからない。通帳を盗み見たり雑誌を読んでサボってました、なんてことが起こらないように、ロボットの視界はフィルターをかけられる仕組み。

下着のディティールはわからないし、文字は可読できない安心設計だ。また、間取り図をシステムに登録することで、お掃除ロボットよろしく、指定したエリア以外は立ち入らないように「移動区域制限」もかけられる。

パソコンさえあれば、どこからでも家事代行ができる

発表会時に、ugoを操作していた環境がこちら。VRヘッドセット用のコントローラーで腕を、右下にある3連ジョイスティックで姿勢制御をしていたようだ。ノートパソコンには、ugoの視界が表示されていた。

正式サービス開始時には、より簡略化した操作環境になるとか。

将来的にはロボットだけで家事を代行できるように?

ugoの今後のサービス展開は、3段階を想定している。

  1. 遠隔操作を通して、教師データ(人工知能のニューラルネットワークがあらかじめ与えられる、例題と答え)の蓄積。
  2. 一部の作業自動化を実現。ヒトが判断してコマンドを使い分けるようになり、対象物のメタデータと判断結果を蓄積。
  3. 人が家事の流れを設計し、あとはロボットが自動で行動してくれる「プロセスの自動化」を達成。

ugoは、2019年8月にクローズドβ版の検証のために、東京・埼玉・神奈川・千葉のマンションに住むユーザーを対象に、数組〜数十組を募集

その後、2020年5月にサービス開始。2021年中には、数千ユーザーの利用を目指す。

・ ・ ・

家事から開放さえ、自分の挑戦したかったことに取り組める時間を持てる生活を実現するサービス「ugo」。将来的には、宅急便の受け取りやペットのお世話もロボットにお願いできる時代になりそうだ。

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP