bouncy
ABOUT US
Event

見て遊んで闘って! 闘会議2019はゲーマーが心底楽しめるお祭りだった【動画コラム】

1月26日~27日の2日間、ゲームの祭典「闘会議2019」が開催されました。闘会議2019は、いろいろなゲームの日本一を決める大会があったり、アナログゲームやボードゲームで遊べたり、みんなで踊ったり、ゲーム音楽のライブがあったりと、ゲームに関する色んな遊びがつまったゲームのお祭りです。

初日に遊びに行って著名人に突撃したり、いろいろなブースを体験しました。とくに面白かったブースをレポートします。(お笑いコンビのアメリカザリガニさんや元マリオカート世界一のNOBUOさんなど著名人へのインタビューはぜひ動画をご覧ください)

ゲームのセンター試験に挑戦

ゲームの基礎能力「ゲーム学力」を判定するゲームの「センター試験」に挑戦しました。問題の詳細をお伝えはできないのですが、スマホゲーム、レトロゲーム、アーケードゲームなどさまざまなジャンルから問題が100問出題されます。テスト時間は30分。

センター試験のようにマークシート形式で入力していきました。

結果は87点。けっこう高い点数をとれました。ゲームに関するコラムを書いている身として一安心です。

スプラトゥーン2「テンタクルズ」の単独ライブ

僕が個人的に興奮したのはスプラトゥーン2のブースで開催された「テンタライブ」。スプラトゥーン2のアイドルユニット「テンタクルズ」の単独ライブです。

ライブにを全力で楽しむために、販売されていたライブグッズを買い集めての参戦。

テンタクルズのヒメとイイダがまるでその場にいるような迫力と、生バンドを含めたライブパフォーマンス、ヒメの尊さに、目からインクが。もう本当に最高でした!

ゲームって楽しいが再確認できる場所

1日闘会議を歩き回ってみて思ったのは、会場にいるみんなが本当に楽しそうに見えたこと。会場でゲームを遊んでいる人も、オフ会的に集まっている人も、大会を応援や観戦している人も、みんな楽しんでいました。

1年に1回、こうやって純粋にゲームを楽しむ場っていいなぁと思いました。

来年も遊びに行こうと思います。

(動画ライター 砂流恵介)

砂流恵介

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP