bouncy
ABOUT US
Products

映画のような映像も撮影できる新時代の360°カメラ「Insta360 ONE」が遂にリリース

8月28日、4K対応の360°カメラ「Insta360 ONE」(製造元 Arashi Vision Co. Ltd.:中国 深圳)が世界同時発売された。2,400万画素(6,912 x 3,456)の360°写真と4K対応(3,840 x 1,920@30fps、2,560 x 1,280@60fps)の360°動画を撮影可能で、単体での使用、Bluetooth経由でのリモート操作、スマートフォンの充電端子に直接接続しての操作と、3種類の操作モードを備え、様々なシーンで活用することができる。今回リリースされたのはiPhone対応版で、Android対応版は現在開発中だという。

実際にその場にいるかのような臨場感の高い映像撮影を可能にし、撮影後に視点・視線を変更可能な編集技術を新たに搭載し、大きな進歩を遂げた「Insta360 ONE」。その気になる機能を紹介していく。

「自由視点・自由編集」機能による新たな360°動画体験

今回の目玉機能の一つが、FreeCapture技術。FreeCaptureを使うことで、360°全天球動画の中から、好きなタイミングで好きなシーンを切り取り自在に編集・シェアすることができる。

まず「Insta360 ONE」を使って自由に360°動画を撮影した後、スマホと接続し動画を転送するだけで準備OK。専用アプリを使って、スマホ画面上で自由に視点を動かしながら編集することができ、編集した動画を視野角が固定された標準的な1080p動画に変換してどこへでもシェアすることが可能となる。これまでは専用PCソフトなどを使わなければできなかった作業が、スマホで誰でも簡単に行えるようになり、360°動画の可能性が大きく広がる機能として注目されている。

自撮り棒が消える? 映画のようなブレットタイム撮影が可能に

最大240fpsのスローモーション撮影によるバレットタイムモードも搭載。(カメラのスローモーション撮影機能は最高120fpsだが、専用アプリを使い、ソフトウェアでフレーム補間することで240fpsを実現している。)

自撮り棒や紐につないで撮影者を中心にぐるぐると回すように撮影するだけ。映像に写り込んでしまう自撮り棒や紐を自動で消す機能により、まるでアクション映画のようなハイクオリティなブレットタイム映像を制作することが可能となる。

専用自撮り棒とBluetooth対応リモートコントローラーは別売りで購入でき、空中回転撮影用の紐は同梱されているので、開封後すぐに空飛ぶカメラの効果を楽しむことができる。

他にも充実した機能・設計・付属品の数々が搭載されている。

  • SmartTrack
    指定した被写体を常に追跡することが可能に。選択した被写体が常に中心になるようにしながら、自動的に1080p固定視野角の動画を撮るなど、様々なシーんで活用することができる。
  • 6軸手ぶれ補正
    スマートフォン内蔵のジャイロスコープと組み合わせることで、手振れしやすい撮影条件下でも画質を犠牲にすることなく滑らかな動画を記録できる。
  • コンパクトかつ安心の設計
    コンパクトな形状で標準的な1/4-20のねじ穴が切られているので、Insta360のカメラの中でもっとも多目的に使えるカメラに。ヘルメット、ドローン、自動車、三脚、そして様々な種類の道具やアクセサリーにすぐに取り付けることができる。
  • 専用防水ケース
    ONE用のIP68規格防水ハウジング(別売り)は、水深30メートル(98.4フィート)まで対応するので、水上スポーツや水中撮影に最適。
  • 様々な撮影モード
    ONEにはHDR(高ダイナミックレンジ)撮影のモードがあり、RAW形式の静止画撮影とLog形式の動画撮影をサポートしているため、後処理で細かな色調整などが可能に。その他360°タイムラプス撮影も可能で、またカメラ設定をフル装備しているので、露出の明るさ、ISO感度、シャッター速度、ホワイトバランスなどもマニュアルで制御できる。

今回の発売に伴い、Insta360 ONEのお披露目イベントとして、国内では「タッチ&トライ イベント」(主催:ハコスコ社)の開催を予定しているという。
常識を覆す新たな360°動画で、誰よりも目立ってみては?

Insta360 ONE
Courtesy of Insta360

購入はこちらから
Amazon / (株)ハコスコ

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...