bouncy
ABOUT US
Transportation

自転車の前輪がカートに変身「TReGo」

自転車のカゴに重い荷物を載せて走ると、その重さでハンドル操作が困難になる。この事実は多くの人が経験していることだろう。また買い物に行ったときに、荷物がカゴに入りきらなくて困ったことがある人もいるだろう。

そんな人たちにぜひチェックしてもらいたいアイテム「TReGo」が開発された。これさえあれば、重さを気にせず存分にお買い物を楽しめるかも?

前輪が「キャリーカート」に早変わり

自転車好きならきっと好きになる「TReGo」は、自転車の前輪をキャリーカートに変身するアイテムである。今までにない斬新なアイディアで、重い荷物を自転車を使ってどこにでも軽々と運べるという。そしてさらにユニークなことは、キャリーカートを工具不要で簡単に前輪から外して、単体でも使えることだろう。

週末の食料品の買いだめでも安心。駐輪場に自転車を停め、キャリーカートを取り外し、売り場へ。そして荷物を詰めて戻り、そのまま自転車の前輪にコネクト。一度も重い荷物を持ち上げることなく、楽にお買いものが済むのだ。

搭載されたアルミラックの耐荷重量は脅威の25キロなので、重いビールなどの飲み物を運ぶのだって簡単だ。

愛用している自転車をアップグレード

現在、すでに市場に出回っているカーゴバイクだが、荷物がない場合や、純粋にサイクリングを楽しみたい場合にはやや使い勝手が悪い。もしかしたら、通常の自転車とカーゴバイクの二台持ちで、使い分けている方もいるかもしれない。

でも「TReGo」は、従来のカーゴバイクとは異なり、今あなたが使っている自転車に取り付けられるのだ。新たな自転車を購入する必要はなく、使い慣れた自分の自転車をアップグレードするだけだ。

さらに、手を汚すことなく数秒で簡単に前輪に取り付けることが可能で、取り外した際は自転車スタンドとしても働くのだ。前輪を外すことで盗難防止の効果も期待できる。

抜群の乗り心地で乗るのが楽しみに

4年間の開発期間を経て誕生した「TReGo」は、スケボーパークでもテストを行い、その乗り心地などを確かなものにしてきたという。前輪に取り付けられている際は、安定感抜群な3輪走行を実現しているのだ。

「TReGo」を取り付けることで、新しい乗り心地が体験できるという。前輪が2輪あることにより、重い荷物によりハンドルをとられてしまうこともなく、今までにない安心感で走行できるのだろう。特にコーナリングは楽しい感覚を味わえるとのこと。

・ ・ ・

駐輪スペースを増やす必要もなく、工具も特別な技術も不要で着脱が数秒でできる「TReGo」は、メリットだらけのアイテムである。卒業プロジェクトとして始まった「TReGo」の開発は、今やクラウドファンディングで多くの人の支持を集めるアイテムまで成長した。

安定感に自信のある「TReGo」は、今後子どもを乗せるキャリーカートの開発に取り掛かっているという。更なる発展を見せる「TReGo」から、目が離せない。

TReGo
Courtesy of TReGo

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...