bouncy
ABOUT US
Art

スパゲッティ人間アート? ネガティブな感情を表現する3Dアニメーション「Moodles」

テクノロジーの進化と共に、デジタルで表現されるアートが増えてきている。

今回は、見ているとどこか共感を覚えるアメリカ、ボストン出身のアーティストAri Winkel氏によって制作された3Dアニメーション作品「Moodles」の紹介だ。

ネガティブな感情にカタルシスをもたらす?

「Moodles」は、ネガティブな感情が自分自身に及ぼす影響を表現した3Dアニメーションだ。

ストレスや不安などの感情を開放する、カタルシスを引き起こさせることを目的にしている。

落ち込んだ時は、「ぐしゃぁ…」とこのスパゲッティ人間の様に、溶ける様な砕け落ちる様な独特のアニメーションにどことなく共感できてしまう魅力がある。

「Moodles」以外にも様々な作品がInstagramなどのSNSに投稿されており、どれも思わず見入ってしまう魅力がある。

View this post on Instagram

Collector.

ariweinkleさん(@ariweinkle)がシェアした投稿 -


素晴らしい作品を制作するアーティストAri Winkel氏は、日本の美学にも影響を受けていると公式サイトで語っている。

・ ・ ・

思わず感情移入してしまう不思議なアートの数々。自分の中の感情を開放してくれる新感覚のアートから、今後も目が離せなくなりそうだ。

Ari Weinkle
Ari Weinkle

菊丸くん
YouTubeをみるのが大好きな人。動画編集をメインにライターとしても奮闘中!最近闇金ウシジマくんを読んで、借金の怖さにびびっている。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP