bouncy
ABOUT US
Art

制作期間7ヶ月の作品も。 日本人切り絵創作家の立体感がすごすぎる切り絵の世界

切り絵創作家、福田理代さんの作品は、数週間〜数ヶ月かけて創るという圧巻のクオリティ。リュウグウノツカイは下書きだけで1ヶ月を要し、細かいうろこ模様をナイフ1本で1つずつ切り出していく。

細かい模様に強弱をつけて立体感を演出し、一枚の紙から切り出したとは思えない存在感を放っている。

制作過程をタイムラプスで公開

自身のYouTubeチャンネルでは、制作過程をタイムラプスで公開中。ザトウクジラをかたどった『鯨/Humpback Whale』や、カメレオンを和風に表現した『カメレオン/Chameleon』、初心者向けの切り絵講座『フラワー』などさまざまだ。

・ ・ ・

見ていて飽きない美しい手仕事に見とれて、気付いたら時間も切り抜かれちゃってるかも。

和風 切り絵
福田理代

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP