bouncy
ABOUT US
Technology

今の"気持ち"がフォントに? 文章をその感情に合ったフォントに自動変換できる「DNP 感情表現フォントシステム」

大日本印刷株式会社(DNP)が開発した、文章内容からその感情に合ったフォントを自動表示してくれる「DNP感情表現フォントシステム」。入力した言葉や絵文字の意味をリアルタイムに解析し、その時の気持ちにマッチしたフォントに自動で変換してくれるシステムだ。

感情やイメージを12種に分類したユニークなフォント

DNPは、感情やイメージを12種に分類して、それぞれに最適なフォントを用意。これにより、感情が伝わりづらい文字でも、より豊かなコミュニケーションが可能となる。

単語や絵文字が持つ感情やイメージの設定、変換するフォント、使用フォント数はカスタマイズも可能だという。

文字でも感情が伝わるコミュニケーションツールへ

SNSやLINEなどのツールが日常的となり、より便利なコミュニケーションが可能になった昨今だが、声や表情が伝わる会話と比べて、文字では送り手の意図や気持ちが伝わりにくいという課題もある。

そんな課題を解決すべくDNPは、明治時代から続くオリジナル書体「秀英体」の開発などで培ってきた文字表現技術や、印刷物に用いられる多様なフォントやコンテンツを用いたコミュニケーションのノウハウを活かし「DNP感情表現フォントシステム」を開発したという。

同社は今後、SNSやチャットボット、デジタルサイネージなどに対応した商品開発を進めると共に、AIによる判別精度の向上とユーザーの嗜好にあわせた変換を実現していく予定だ。

情感溢れるメッセージで、今の気持ちがもっと伝わりそう。

DNP 感情表現フォントシステム
大日本印刷株式会社(DNP)

かぼろろ
bouncyのSNS投稿ハンター。趣味は愛犬2匹(ポエラニアンとポメキー)と戯れること。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP