bouncy
ABOUT US
Products
スマホ一つで手書きメッセージカードが贈れるアプリ「Felt」

どんなにデジタル化が進んでも、手書きの魅力が薄れることはない。それは、手書きには一人一人違う個性があり、その人を感じることができる温かみがあるからではないだろうか。

「でも手書きは面倒!」という人にオススメなのが、手書きの良さとデジタルの便利さが融合した便利なアプリ「Felt」だ。

カード作成から投函まで行ってくれる

スマホで手書きメッセージカードを贈ることができる「Felt」は、デジタル化の現代にピッタリのアプリである。

表面に好きなカードのデザインや写真を選び、裏面には指で書いた手書きメッセージを添えるだけ。デザイン選びから、メッセージを書いて、贈る、の全てがスマホ一つで完結してしまう簡単さだ。

通常なら、お店でカードを選んで購入して、ペンを用意してメッセージを書いて、同封する写真を印刷して、切手を貼って、ポストに投函して…とかなりのステップがあるため、その差は一目瞭然である。封筒も作成可能で、宛名まで手書きが可能なため、とことん“手書き”にこだわることができるのだ。

高品質で知られるメーカーMohawkのプレミアム紙が使用され、カスタマイズされたクラフト紙の封筒に入れられ、24時間以内に郵送されるという。到着日を設定できる便利機能も利用できる。手書きの仕上がりも、まさにあなたが書いたようなインクの風合いとのこと。

カードは5枚まで連結することができ、ストーリー仕立てにすることも可能。また冷蔵庫や卓上に飾るのに最適なサイズ感だ。

アプリ利用でこんなに便利

「Felt」を使用することで、今までの手書きでは実現できなかった便利さを手に入れることができる。

例えば、宛名書き。多くの人は両親や友人など特定の宛先にカードを贈る機会が多いだろう。同じ宛名でもカードを贈るたびに一から書かなければいけなかったが、「Felt」は一度手書きで宛名を書いてしまえば、それが保存され、もう一度手書きする必要はないのだ。アドレス帳からボタン一つで呼び出すことができ、宛名を書き間違えたりする心配もなくなるため、とても重宝するだろう。

さらに一度作成したカードは「Felt」のアルバムに自動的に保存されるため、同じデザインのカードを複数の宛先に送りたい際にもとても便利だ。

また手書きが苦手な人には、デザインされたフォントが多く用意されているとのことなので心強いといえる。苦手な宛名はフォントに任せてメッセージや署名だけは手書き、など応用がきくのもまたうれしい機能だ。

自分でデザインしたロゴなどを使用することもできるので、あなただけのオリジナリティあふれるカードを作成できるだろう。

・ ・ ・

追加料金を支払えば、アメリカだけではなく海外にも送ることができる「Felt」。最近ではSNSなどでメッセージだけではなく、写真や動画までも世界中にいる人々に送ることが可能となった。しかし、手書きのメッセージカードを受け取ったときの、あの嬉しさはSNSでは味わうことができないだろう。

手紙離れしていた人も便利なアプリ「Felt」を使って、心のこもったメッセージカードを贈ってみては?

Felt
Felt App

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...