bouncy
ABOUT US
Products

トラベルジャケットは登山でも便利?「BAUBAX 2.0」の機能性を高尾山で検証してみた

2018年2月にbouncyで取り上げた着れば気分は最強? 究極の多機能トラベルジャケット「BAUBAX 2.0」

「BAUBAX 2.0」はスウェットシャツ・ウィンドブレーカー・ボンバー・ブレザーの4種のデザインが用意され、スマホやタブレットにサングラスやパスポートといった小物の収納ポケットや、飛行機や新幹線の移動で使える快眠グッズをコンパクトに持ち運ぶことができます。

その機能性が評価され、国内のクラウドファンディングサービスMOTION GALLERYでのプロジェクトでは4,103,200円の支援を集めました。

トラベルジャケットは登山でも便利なのか?

もしかしたら、この便利なトラベルジャケットは、登山などのアウトドアでも便利なのではないか?

そんな仮説を検証するべく、東京駅で毎日あいさつ活動を続ける遠藤イヴォンさん協力のもと、高尾山に行ってきました。

遠藤さんは、東京で働くみなさんに元気になってほしいと、毎日朝8時から9時、東京駅のそばにあるKITTEの前で待ちゆくビジネスマンに挨拶を続けています。

この日も挨拶が終わった後に高尾山に直行。高尾山を登る皆さんに挨拶をしていきました。

BAUBAX 2.0のメリット

一般的に登山では非常食や飲料、防寒具、など荷物が多くなりがちですが、今回はあえて「BAUBAX 2.0」のボンバージャケットに収まるものだけで挑戦。ケーブルカーで高尾山の中腹まで登り、そこからあえて舗装されていない経路を選択し登り始めました。

撮影は12月の寒い日。遠藤さん曰く「動いているからかもしれないけど、意外と寒くない」とのこと。薄手ですが防寒性はとても高いです。

手ブラ出歩けることは思いの外快適だそうで、スイスイと歩みを進めていきます。
ちょっとのどが渇いたら、大容量の内ポケットボトルをさっそうと取り出せるのも使いやすいです。

ブランケットやアイマスク、ネックピローもさっと取り出せて、使い心地も良いので、休憩も快適です。

非常用の笛や筆記用のボールペン、パスポートケースなどは今回使いませんでしたが、特に笛は何があるかわからない登山では、常備されていることで安心感が増し、より登山を楽しめます。

ゆったり歩いて1時間半でゴールの山頂に到着! 全機能を活かしきっていないとはいえ、すごく快適に登ることが出来ました。

結果:「BAUBAX 2.0」で高尾山に挑戦したところ、快適な登山が可能!

せっかくなので遠藤さんに感想を聞いてみました。

遠藤:高尾山に来ている皆さんに挨拶をすることができてとても嬉しかったです。なにより荷物を少なくすることでフットワークが軽くなりました。アクティブに活動できると何事もハードルが下がって良いですね!

bouncy 特集 旅をアップグレード

bouncyでは、未来のライフスタイルにまつわる特集企画をはじめました。

今回のテーマは「旅をアップグレード」

いつもとは違うところで、いつもとは違うものを使って、いつもとは違う気分に浸る。

旅を通して、新しいもの、便利なもの、驚くものに出会う。
より安全で、より便利で、より楽しい。そんな「旅のアップグレード」を、この冬、bouncyから提案していきます。

BAUBAX 2.0

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP