bouncy
ABOUT US
Products
超広角カメラを活用したRICOHの「3Dビジョンシステム」でドローンの自動飛行が可能に
Sponsored

近年普及が目覚ましい「ドローン」は、レースや撮影など、趣味としての利用だけでなく、活躍のシーンをさらに拡張し続けている。

業務用ドローンとして、ビルや橋、トンネルなどの構造物点検、警備・監視、測量、物流など、様々な作業における人間の負担を軽減し、効率化が期待されているのだ。

しかし、これまでのドローンは常に機体を見ながらの手動操縦が必要であり、なおかつ高度な技術が求められた。また、あらかじめ経路を指定した自動飛行はできるが、GPS(全地球測位システム)が利用可能な場所に限定される上に、急な障害物に対応できないなどの課題があった。

これらを解消する技術が、RICOHと東京大学 航空宇宙工学専攻 鈴木・土屋研究室、ブルーイノベーションが共同開発した「3Dビジョンシステムを搭載した自動飛行ドローン」。ドローンの機体に3Dビジョン技術を搭載することで、未来のドローンの姿を提案した。

3次元地図を使って障害物を回避

「3Dビジョンシステム」はRICOHが開発した2つの超広角カメラを活用している。広視野の映像データから、自身の位置情報のリアルタイムな把握と障害物を察知するための3次元地図の作成など、2つのことを同時に行うことができるのだ。

位置情報と周囲の3次元地図情報を照らし合わせることで障害物を察知。自動で安全な経路に変更する。この機能により予定経路に則した自動飛行が可能になった。

「3Dビジョンシステム」は従来のGPSでの位置情報を必要としないので、屋内など、GPSが利用出来ない場所でのドローンの自動飛行を実現した。

人間に代わって安全と効率化を実現

テクノロジーで課題を解決することで、ドローンの活躍の場はますます拡張されている。ドローンの自動飛行技術は、これまで困難とされてきたトンネルなど電波の届かない場所や、危険な場所を、人間に代わって安全かつ精密に点検・監視することを可能にする。

開発がさらに進めば、ドローンが自らの判断で飛行し、人間の代わりに作業を行うといった光景が実現するかもしれない。「3Dビジョンシステム」を活用したドローンは、さらに自動化がすすみ、ますます効率的になる未来への期待を私たちに抱かせてくれる。

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...