bouncy
ABOUT US
Products

bouncyが買ったもの「WEAR SPACE」編

私たちは、2018年、約2,300本を超える未来を感じるプロダクトを紹介しました。

様々な"もの"を紹介するため、日々撮影したり、編集したり、記事を書いたり、調べたり、公開後のbouncy動画をつくづく眺めているうちに、「ほしい!」という気持ちが募り、思わず本当に買っちゃったものをここで紹介します。

10月に公開した「WEAR SPACE 」は、パナソニックとCerevoの元社長・岩佐氏率いるShiftallが共同開発を進めた集中力を高めるウェアラブルデバイス。

以前、bouncyで紹介した記事はこちら。

どんな場所でも集中できる新感覚ウェアラブルデバイス「WEAR SPACE」を装着してみた

3月にアメリカのオースティンで行われたSXSWでも、現地で取材を行ないました。

パナソニックの斬新なアイデアを体験できる2018年の「Panasonic House @ SXSW」

クラウドファンディングで発売されたWEAR SPACE、bouncy編集部では2名が支援しました。彼らに「なぜ購入しようと思ったのか?」「 使ってみた感想」を聞いてみました。

なぜWEAR SPACEを購入したのか

・bouncyで取材したパナソニックのデザインチームによるプロダクトなのですが、そのチームのビジョンが「豊かな暮らしを再定義する」ことだったのが理由です。

当のデザイナーたちにはその後もいろいろ取材をしたのですが、テクノロジーっていろいろ便利になるけど、豊かな暮らしはテクノロジーゴリゴリではなくて、時にはテマヒマをかけてみたり、人と人のコミュニケーションを大切にしたりするような、テクノロジーと共存する未来を彼らは考えていて、たしかにそうだよね! と未来をめちゃくちゃ感じました。

そういうヴィジョンを掲げるチームが作ったプロダクトって実際どうなんだろう? という興味がすごく強く、今回支援(購入)しました。

・僕は内向的な性格で、外にいても周りをシャットアウトした方が心が落ち着くので「これがあったら無駄な疲れから開放されそう!」と思ってクラウドファンディングしました。
ちょうどヘッドフォンも持っていないし、ノイズキャンセリングで家にいる時もこれがあれば集中できそう!と思いました。地味にBluetooth接続でワイヤレスで使えるのもスタイリッシュでいいなと思いました。

使ってみた感想

・まだ届いてないので、わかりませんが届くのがとても楽しみです!
届いたら、映像編集時に、使用したいと思っています。
昔は編集する個室が会社にありましたが、今の会社はないですし、そもそもカフェ的なところ(つまりオープンなスペース)で作業することが多くなりました。するとなかなか集中できない。なので作業の効率が上がったら良いなと思っています。

・家で集中したい時につけようと思っています。家の近くのカフェで勉強する時につけようかなぁ〜(目立つけど)。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP