bouncy
ABOUT US
Products
「VRゲーム」をしながら「エクササイズ」?一石二鳥のマシン「ICAROS」

ダイエットや健康のために、ジムや自宅でエクササイズに取り組むんでみるものの、なかなか長続きせずに三日坊主で終わってしまう…。
でも「ゲーム」なら、何時間でも飽きずに毎日でも続けられる!

そんな方にぴったりなのが、VRゲームをしながらエクササイズもできる、ドイツ生まれの「ICAROS」だ。今までエクササイズが長続きしなかった人はもちろん、ゲーム好きの方にもぜひ試してもらいたいプロダクトだ。

仮想世界でエクササイズ

デザイナー、エンジニア、ソフトウェア開発者からなるチームにより開発された「ICAROS」は、空や水中などの「仮想世界」の中を自分の身体を動かすことで飛行し、ゲームをプレイするシステムだ。

本体の中心にある一か所の支柱のみで支えられたマシンに全身を預け、ゲームをしながらエクササイズするスタイルは、今までにない新しいワークアウトの形として人々の注目を集めている。2016年にはGERMAN DESIGN AWARDを受賞、2017年CES(Consumer Electronics Show・見本市)ではショーのハイライトの一つとなった。何百という人々が試乗し、様々なメディアが「ICAROS」を取材したという。

「ICAROS」で一石二鳥?

「ICAROS」は、VRヘッドセットを着けてマシンに乗り、目の前に広がる迫力の映像の中を、自分の身体でバランスを取りながら進んでいく。そのためには、肩、腹筋、横腹筋、ふくらはぎなど、全身の筋肉を使う必要があり、自然とエクササイズが可能になるのだ。

さらに、目の前に広がるVRゲームを攻略するために、集中力やバランス感覚、反射神経なども同時に養うことができそうだ。

さらに広がる仮想世界

「ICAROS」のVRゲームは、空を飛ぶフライトモードだけではなく、海底の植物を攻撃から守ったり、サメやマンタとレースしたりする事ができる「DEEP」も新たに登場している。

空を飛びまわったり、海を泳いだり、ユーザーを飽きさせない「ICAROS」は、なかなか続かないエクササイズのイメージを一新する存在だ。マルチプレイも可能なので、家族や友人と一緒にエクササイズが楽しめるのも、また大きな魅力といえるだろう。

日本では、東京六本木にあるプライベートジム、「THE BODY RIDE」で「ICAROS」が導入されているので、興味がある方はぜひトライしていただきたい。

ICAROS
Courtesy of ICAROS

THE BODY RIDE
Courtesy of THE BODY RIDE

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...