bouncy
ABOUT US
Event

一晩で7億円! Dior(ディオール)コレクションが近未来的な空間だった【動画コラム】

こんにちは。動画ライターの中川友里です。

今回はメンズコレクション史上 、初のプレフォールコレクションを発表したDior(ディオール)の会場の様子をレポートします!

11月30日に、東京 青海のテレコムセンターで開催された今回のコレクション。この一夜のためにかけた金額はなんと7億円。 Diorのプレフォールコレクションにかける意気込みが伺えます。

ショーには海外から、デビッド・ベッカムや、エイサップ・ロッキーをはじめとして、ケイト・モスやベラ・ハディットなどそうそうたるメンツ。

国内からも、窪塚洋介、水原希子、登坂広臣など、豪華ゲスト含む1,300人が来場しました。

新生Diorのアーティスティックディレクターをつとめるのはキム・ジョーンズ。セクシーロボットで有名な世界的アーティスト、空山基とコラボレーションして会場をつくりあげ、Diorが解釈する日本のモダニズムと空山基とのサイバー要素が融合したコレクションを発表しました。

ショーの音楽を手がけた 世界的DJ ディプロが、そのままアフターパーティのメインDJをつとめ、近未来的な空間と音楽で、ゲストを魅了しました。

空山基が手がけた、全長10メートル超え、総重量9,150kgのセクシーロボットのオブジェが会場中央に配置され、360°を照らすレーザービームに照射され、一際存在感を放っていました。

Diorの大規模なショーは見どころ満載でした。

コレクション全容については、Dior公式サイトでチェックしてみてください!

(動画ライター 中川友里)

中川友里

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP