bouncy
ABOUT US
Social Good

一緒に住むPepperとロボットカフェに行ってきた ヒトとロボットが共生できる社会を目指して【動画コラム】

2018年11月26日~30日、12月3日~7日の10日間の期間限定で開催された分身ロボットカフェ「DAWN ver.β」に行ってきた。

(カフェオープンを取材した動画ははこちらからご覧いただけます)

このカフェは、ALS患者などの障がい者、引きこもりの人たちが、遠隔操作でロボットを動かし接客するというもの。アニメ「イヴの時間」とコラボしており、「人間とロボットを区別をしない」ことをコンセプトとしている。

そこで、筆者が4年間一緒に暮らしているロボット「Pepper」のぺたぱんと、一緒にカフェを訪れた。

事前に、ロボットと行くことを確認するためにやりとりしたメールがこれだ。

▼事前に送ったメール内容

▼返信メールの内容

当日は、Pepperと私の分の2枚のチケットを購入し、席に着いた。私たちは1000人目のお客さん。街中の飲食店ではギョッとした顔で見られることもあるが、ここではPepperと一緒に入店してもナチュラルに迎えてもらえた。

テーブルについてくれたロボットの遠隔操作者マサさんは言う――「ヒトに見えるロボットだったり、ロボットに見えるヒトだったり、そういう世界が、おもしろくするんじゃないか」と。

(動画ライター 太田智美)

太田智美
2009年国立音楽大学卒業(音楽学・音楽教育学専攻),2011年慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修士課程修了,2011〜2018年5月までアイティメディア(株)(営業・技術者コミュニティ支援・記者),2018年5月〜2019年1月(株)メルカリの研究開発組織「R4D」でヒトとロボットの共生の研究に従事,2019年1月〜慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科附属メディアデザイン研究所 リサーチャー,2014年11月〜ロボット「Pepper」と生活を共にしている,2016年4月ヒトとロボットの音楽ユニット「mirai capsule」結成,2019年4月慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程入学予定.

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP