bouncy
ABOUT US
Products

iPhoneが360°カメラになる「KRAVAS」をTHETAと比較。旅の思い出を手軽に残そう!

360°カメラを使ったことありますか?物珍しかった360°写真も最近では、結構見る機会が増えてきましたよね。

旅行に持って行くと、普通の写真では写せない天地や後ろも撮影出来ることによって、空間ごと思い出せる、新しい記録の仕方です。

360°写真を一気に世の中に広めたのはやはりRICOHのTHETAの登場じゃないでしょうか。ボタンを押すだけで撮影可能で、写真も動画も対応しているTHETAは私もよく使っていて、大勢で旅に行くときはかならず持って行くようになりました。

それでもTHETAは値段的に決して安いものではないので、「360°の写真は撮りたいけど購入するまでとは言わないな・・・」という方も多いはず。

そんな人にぴったりなのが「KRAVAS 360°VIEW」というiPhoneにかぶせるカメラです

KRAVASの特徴

特徴はなんといってもかぶせるだけでスマホが360度カメラになるという手軽さです。

商品自体は「カメラ」ではなく「レンズ」になっており、上からスポっとかぶせて、iPhone自体のインカメラとアウトカメラを利用します。

360°写真を撮るためにもちろん専用のアプリのDLが必要です。あくまでレンズなので、普通の撮影では別に360°のカメラになりません。

アプリから撮影ボタンを押すと、アウトカメラ、インカメラを分けて撮影され、360°写真が生成されます。

あっという間に撮るのに加えて、写真自体がiPhone上で撮影しているのでスマホからのSNS連動がとても簡単。カメラで取った写真のスマホへの移動って億劫ですけど、これはアプリ内に保存されるのでカメラロールへの移動もワンタッチで出来ます。

KRAVASとTHETAそれぞれのメリット

どちらにも特徴があるのですが、2つを持ち歩いて様々な所で見てきた私が感じたそれぞれのメリットデメリットがこちら。

それぞれが対になっていると思っていただいて大丈夫ですが、画質は気になる部分でしょう
か。渋谷で開催されているイルミネーション「青の洞窟」で比較してみたのがこちら。

圧倒的にTHETAの方が綺麗ですね。

購入は出来る?

クラウドファンディングを運営するMakuakeによって支援された金額は2018年10月17日に終了した時点で、目標額30万円に対して300万円を超えて1015%達成と表示されています。

こちら、今はAmazonで4,860円&送料(2018年12月9日現在)で発売されています。

種類はiPhone7&8用、7&8 Max用、X&XS用の3種類。

・ ・ ・

思い出の保存がバージョンアップする360°写真、手軽なKRAVASか本格的なTHETAか、自分のライフスタイルに合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか!

bouncy 特集 旅をアップグレード

bouncyでは、未来のライフスタイルにまつわる特集企画をはじめました。

今回のテーマは「旅をアップグレード」

いつもとは違うところで、いつもとは違うものを使って、いつもとは違う気分に浸る。

旅を通して、新しいもの、便利なもの、驚くものに出会う。
より安全で、より便利で、より楽しい。そんな「旅のアップグレード」を、この冬、bouncyから提案していきます。

大村宗資
ディレクター
テレビ番組の映像編集を経て、2018年からbouncyでディレクターを担当。エンタメやスポーツ系のネタが好き。明朗活発、色んなところに取材行きます。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP