bouncy
ABOUT US
Art

VTuberえもこに賞金2万ドル、彼女がVR個展を開いたワケ

誰でも手軽にVRコンテンツが作れる「STYLY」を使ったVRコンテンツのアワードNEWVIEW AWARDS 2018が行われ、グランプリはヴァーチャルユーチューバーのえもこが手にした。

えもこは、VR空間で絵を描く様子をYouTubeでライブ配信するヴァーチャル美術家として活動している。

えもこ本人に、グランプリを手にした感想を伺った。

ーー今回の作品について

えもこ:今回の作品は、初めての個展ということで、私がライブペイントで描いた絵と、その描画工程の映像を展示しました。

VR空間に描く絵は立体的で奥行きがあるのですが、YouTubeだと平面的な映像でしかお見せできないので、私のオリジナルの絵でVR個展を作ろうと考えました。

個展の会場は誰でも簡単にVR空間を作れるSTYLYで作っていて、VRなので世界中のどこからでも観ることができます。

STYLY Galleryにアクセスして、ぜひ皆さんも遊びに来てください。

ーーNEWVIEW AWARDS 2018でグランプリをとった感想は?

えもこ:このような素晴らしい賞をいただけてすごく嬉しいです。

いつもYouTubeで応援してくれる視聴者の皆さまと、このような機会を与えて下さったNEWVIEW関係者の皆さまにとても感謝しています。本当にありがとうございました。

ーー誰でも簡単にVR空間を作れるSTYLYですが、使ってみでどうでしたか?

えもこ:VRは新しい技術なので難しそうなイメージがありますが、STYLYはプログラミングの知識がなくても、様々なデータを組み合わせるだけで、簡単にVR空間が作れてとても楽しいです。

パソコンのブラウザでも簡単に作れるので、VR未経験の人も気軽にSTYLYで自分だけのVR空間を作ってみてほしいです。

ーー今後、STYLYを使って、やってみたいことや挑戦したいことがあれば教えてください。

えもこ:今回は「VRで誰でも簡単に個展が開ける」事を皆さんに知ってもらいたくて、なるべく基本的な機能だけで作りました。

でもSTYLYは簡単に使えるだけでなく、Unityというソフトと連携して、色々な表現ができる自由度の高いツールなので、今後もVRの可能性を感じてもらえるような、新しくて楽しい表現に挑戦していきたいと思います。

・・・

審査員の伊藤ガビン氏は、えもこの作品について、「仮想現実の『リアル』は、物理的な存在でる僕らよりも、バーチャル人格であるえもこさんにとっての方がリアルかもしれない」というコメントをしていた。

VR空間という、仮想空間のアワードにおいて、普段から仮想の姿(ヴァーチャルユーチューバー)であるえもこ氏がグランプリを手にしたのは、なるほど納得なのかもしれない。

STYLY

NEWVIEW AWARDS

えもこ YouTube

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP