bouncy
ABOUT US
Products

旅行先でも安眠を。ついに布団クリーナーがルンバ化した「CleanseBot」

Cleansebot社が開発した、紫外線の力でバクテリアを殺菌するスマートロボット「CleanseBot」。円形のロボット掃除機の殺菌専用版といった存在。照射する紫外線はUVC。殺菌灯などにも利用されており、99.99%のバクテリアを殺菌できるという。

CleanseBotは、シーツやブランケット用の40種類以上の素材でテストされた、材質や布地に特化した18個のセンサーとAIを搭載。ベッドで動けなくなったり、落下するような雑な仕事はしないという。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台99ドル(約11,000円)+送料で入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年4月に発送される。

2つのモードを搭載

Cleansebot社によると、旅行中に体調を崩しやすいのは、日常生活より多くのバクテリアに触れる機会が多くなってしまうのが原因とのこと。特にホテルのベッドは清掃済みでも、多くのバクテリアが残っている可能性がある。

CleanseBotは、稼働時間を30分か60分で選べるベッド掃除用モード「Under Blanket Mode」。ハンドカバーを装着させて、こどもやペットのおもちゃなど、水平でないものもしっかり殺菌できる「Handheld Mode」がある。

モバイルバッテリーにもなるスマートロボット

CleanseBotは、3,700mAhのモバイルバッテリーとしても機能する。USB Type-Cポートから、さまざまなデバイスに充電できる。

・ ・ ・

旅行のお供にすれば、どんなベッドでも気持ちよく寝れそうだ。

CleanseBot
Bacteria Killing Robot

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP