bouncy
ABOUT US
Event

日米のポップカルチャーを融合させた、夢の空間すぎる「東京コミコン 2018」レポート!

アメリカ発祥のテクノロジーとポップ・カルチャーのイベント「コミコン」を、日本とアメリカのポップ・カルチャーを融合させた祭典として、ローカライズされた「東京コミコン」。

第三回である「東京コミコン 2018」が幕張メッセで開催されており、ハリウッド俳優のサイン会や、映画の主役になりきれる体感型のゲーム、映画に登場した小道具や車の展示など、アメコミファンには夢のような空間が広がっている。

オープニングイベントには有名ハリウッド俳優が多数登場

オープニングイベントには、トム・ヒドルストンやフェルプス兄弟、ピーター・ウェラー、エズラ・ミラーなどの有名ハリウッド俳優が登場。

さらに、シークレットゲストとして、銀河鉄道999などでおなじみの漫画家、松本零士先生も参加し、オープニングイベントにふさわしい盛り上がりを見せていた。

実際に撮影で使われた超貴重アイテムの数々

「ターミネーター2」で、アーノルド・シュワルツェネッガーが運転した実車Harley-Davidson Fat Boyや撮影に使用されたターミネーター T-800、「ダークナイト ライジング」で、バットマンを演じたクリスチャン・ベールが着用した実物のバットマンスーツなど、スクリーンを通して何千万人もが見たであろう小道具が目の前に。じっくり好きなだけ鑑賞できる。

東京コミコン 2018でしか買えないグッズ

会場では、さまざまなメーカーから「東京コミコン2018」限定アイテムを販売されている。リアルな造形のハイエンド・フィギュアや、デフォルメグッズなど、会場でしか手に入らないレアなアイテムが揃っている。

スタン・リー氏追悼モニュメント設置について

「東京コミコン2018」開催期間中、つい先日惜しまれながら逝去されたアメコミ界の父、スタン・リー氏追悼モニュメントが設置されている。写真撮影およびメッセージの記帳が可能となっている。

・ ・ ・

さらに、見て楽しむ展示だけでなく、トークイベントやライブ、コスプレチャンピオンシップなど様々な催し物も開催されている「東京コミコン 2018」。日本とアメリカのカルチャーが融合した、まさに"コミック"のような非日常な経験ができるイベントだ。

東京コミコン2018
▼開催期間:
11月30日(金曜日)〜12月3日(日曜日)
▼場所:
幕張メッセ ホール9-11 (千葉市美浜区中瀬2-1)

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP