bouncy
ABOUT US
Transportation
未来の交通の姿を変える?電動一輪バイク「Uno Bolt」

人類は「移動」することによって進化してきた。そして、効率よく移動するために、馬車、自転車、自転車、バイクなど、様々な「モビリティ」を生み出してきた。そして、様々な「未来の乗り物」が、映画や漫画の中にも描かれてきた。

日本の人気漫画「ドラゴンボール」の中にも、そうした「未来の乗り物」が登場したが、そのうちの一つが二重人格キャラのランチが乗りこなす「一輪バイク」だ。

その「一輪バイク」が、いよいよ現実のものとなろうとしているという。

極太一輪タイヤがインパクト大

アメリカのフロリダをベースに活動するスタートアップによって開発されている「Uno Bolt」は、極太な一輪タイヤが強烈なインパクトを与える電動バイクだ。

これまでに、「セグウェイ」のような「立ち乗り二輪車」はいくつか登場してきたが、よりバランスを取ることが難しい「一輪」のモビリティはまだ実用レベルには至らなかった。

「Uno Bolt」は、強力なジャイロセンサーとスタビライザーを内蔵することにより、車体の傾きを補正し、倒れることのない走行を実現した。サドルにまたがって重心を傾けるだけで、直感的に前後左右に簡単に進むことができるのだ。

必要なスペックをコンパクトに格納

「Uno Bolt」の航続可能距離は約40キロで、最高スピードは時速35キロ。さらに、傾斜も約45度まで走行することができる。しかも、フル充電もわずか45分で完了するスピードチャージを実現している。

ハンドル部分には、ブレーキやクラクション、時速やバッテリー残量を示すモニターが設置されており、サイドミラーや夜間走行時のLEDライトなども完備している。コンパクトなボディに、走るために必要な様々な機能が盛り込まれているのだ。スピード重視というよりも、小回りがきく街乗り用に適しているだろう。

・ ・ ・

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者を募集している「Uno Bolt」。今後、こうした「一輪電動バイク」が市場で受け入れられれば、二輪車や自動車よりもコンパクトで、一人乗りにはちょうどよいモビリティとして、未来の交通の風景もまた変化していくかもしれない。

Uno Bolt
Courtesy of Uno Bolt

Kickstarter

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...