bouncy
ABOUT US
Technology

バッテリーなしでアシスト! 乗り手の体重で動く次世代の自転車用タイヤ「SuperWheel」

アイルランドを拠点に活動するSuperWheel社が開発を進める、次世代の自転車用タイヤ「SuperWheel」。特許出願中の「Weight (mass) to energy conversion technology(WTECT)」によって、電力を使用することなく、乗り手の人力のみで駆動し、アシストしてくれる驚異のシステムとなっている。

SuperWheelプロジェクトは2014年に始まり、その後2つのアイルランドの大学(DKITとDCU)と協力し、アイルランド政府商務庁とClimate-KICプログラムの支援を受けている。

SuperWheelのプロトタイプ開発とテストの試行は完了。現在、量産化に向けてIndiegogoでクラウドファンディングを実施している。一つ390ユーロ(約5万円)で入手可能。

プロジェクトが成功すれば、2019年5月に発送される予定だ。

人力だけでアシストしてくれる

SuperWheelシステムは、ペダルを漕ぐときにかける体重が、車輪に取りつけてあるバネを圧縮。バネの力をトルクに変換し、パワーアシストを生成するという。

特許取得の技術なので、詳細は不明だがバッテリーがなく、充電の手間がかからず、寿命末期のバッテリを交換する費用も必要なく、有毒な廃棄物も発生しない、夢のエコなタイヤなのだ。

未来のアシスト自転車は電力じゃなくて人力になってるかも?

※[お詫びと訂正] 2018/11/26 12:30:ご指摘いただいた情報に基づき、記事を一部修正致しました。

SuperWheel
SuperWheel

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP