bouncy
ABOUT US
Transportation

無印良品がデザインした自動運転バス「Gacha シャトルバス」が2019年上半期に走る?

無印良品が、フィンランドで2020年に実用化を目指す自動運転バス「Gacha シャトルバス」に車体デザインを提供したことを発表。

あらゆる気象条件下でも機能する次世代の自動運転バス

「Gacha シャトルバス」はあらゆる気象条件下でも機能する自動運転バス。自動運転技術の研究を行うSensible 4社が、ヘルシンキ周辺の3都市(エスポー、ヴァンター、ハメーンリンナ)のサポートを受け開発を進めている。

これまで大雨や霧、雪などのあらゆる気象条件での走行が可能であることを証明するため北極圏での技術テストと検証が進められてきたという。

ユーザーの立場で徹底的に考えられた無印らしいデザイン

世界中の様々な国・地域において「感じ良いくらし」を提案する無印良品は、生活に必要な商品の販売だけでなく、社会でいま起きている様々な課題に目を向けている。

今回、「Gachaシャトルバス」の全天候型という特長や、個人所有の車ではなく地域でシェアする公共交通機関としての実用化というコンセプトが無印良品の理念と合致し、Sensible 4との共同プロジェクトがスタートすることになったという。

無印良品がユーザーの立場で徹底的に考えたデザインは、前後のないミニマルでフレンドリーな形状、照明とコミュニケーションスクリーンが一体となったLEDのライトベルト、内装に沿ったラウンド型のベンチシートなどがポイントだ。

「Gachaシャトルバス」は2019年3月に実働車両のプロトタイプをヘルシンキ近郊で一般公開したのち、2019年上半期内を目途に、フィンランドのヘルシンキ周辺の3都市での実用試験運行を開始する予定だ。

無印のデザインが描く未来の暮らしが走り出す?

Gachaシャトルバス
Ryohin Keikaku Co., Ltd.

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP