bouncy
ABOUT US
Art

会いに行ける「モナ・リザ」はめっちゃ近かった。自由視点VR×音のVRを駆使した最新アート

誰もが知っている、世界的に有名な絵画「モナ・リザ」。もし彼女が目の前で動いたら?考えただけでワクワクするだろう。今回は、そんな夢のような実験が行われた。

2018年11月1日〜11月4日の4日間、日本科学未来館にて行われた、音楽とテクノロジーの最先端イベント「MUTEK.JP 2018」。

今年のテーマは、「BLOCK UNIVERSE」。ブロック宇宙論の法則に従い、時空は「過去・現在・未来」を内包しているという考えの元、時間の概念を超えた、あらゆる作品が用意された。

bouncyでは、自由視点VRと音のVRを応用したインスタレーション「Block Universe #001」を取材。世界的に有名な絵画「モナ・リザ」をVR化した作品で、スマートグラスを装着して近づくと、立体的なモナ・リザを間近で見られる。

世界初のコラボ作品

今回、「Block Universe #001」を製作するために、著名アーティスト陣によるクリエイティブ集団「da Vinci ers(ダビンチャーズ)」を発足。今まで組み合わさったことのない、「自由視点VR」と「音のVR」が、夢のコラボレーションを果たした。

簡単体験!めっちゃ近い「モナ・リザ」

会場は、床も壁も真っ黒。蚊取り線香のように渦を巻いた手すりのみが設置されており、ヘッドフォンとスマートグラスを装着して、手すりに沿って歩くだけの簡単な手順。

歩き初めは、よく見る「モナ・リザ」の絵画が壁にかけられているシーン。道順に沿って歩き進めると、いつの間にか自分自身が壁の中に入り込み、まるで自分が額縁の中にいるかのような世界を体験できる。今まで静止画でしか見ることのできなかった「モナ・リザ」を、3Dで間近に見られる上、時折こちらに向かって微笑みかけたり、スマホをいじったりと、動く彼女の姿を見せてくれるのだ。

更に、視聴者の操作や動作に合わせてヘッドフォンから流れる音も変化。歩いたり、振り向いたり、動作に合致した音をリアルタイムで提供してくれるため、視覚のみならず聴覚でも作品を楽しめる。

自分があの「モナ・リザ」になれる!

テレプレゼンス配信体験ブースでは、特殊フェイスマスクを被り、自分自身を「モナ・リザ」としてテレプレゼンス配信(リアルタイム配信)できる。

「Block Universe #001」は、スマートグラスの位置・向き・傾きをリアルタイムでPCに送信し、その情報に基づいた映像と楽曲を書き出す。それらを、グラスに遅延なく高速処理・配信することで、あらゆる角度から鑑賞できる作品を実現している。

テレプレゼンス配信体験を行うことで、作品を鑑賞した後、技術の種明かしを身をもって体験できるのだ。

・ ・ ・

静止画でしか見られない物なんて最早ないかも? ムンクの叫びや、お札の人が喋る姿を見られる時代も近いのでは?

MUTEK.JP 2018
MUTEK Japan

Block Universe #001
KDDI総合研究所

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP