bouncy
ABOUT US
Technology

SOSモードも搭載。あらゆる天候に対応できる4色カーライト「Boslla」

さまざまな気象条件でも安全に運転できるよう、アメリカの企業が開発した自動車用LEDヘッドライト「Boslla」。豪雨や霧の中を走るのに最適なモードや雪の日でも見やすい黄色などに切り替えられ、もし遭難してもライトでSOS信号を発信できるなど、既存のヘッドライトと比べて多機能になっている。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。1つ49ドル(約5,500円)+送料で購入可能。プロジェクトが成功すれば、2018年12月に発送される予定。

従来のヘッドライトよりも明るく耐久性が高い

最大出力30Wで明るさは3,600ルーメン。既存の市販製品と比較して、明るさは段違いになっている。動画ではBMWと比較して道路を照らす様子も公開されており、ひと目でわかるほど。

10分もあれば、交換できるので既存のヘッドライトとの交換も簡単だ。

IP67の防水防塵性能を備えているので、水につけても氷に付けても動作する高い耐久性ももってる。どんな日のドライブも、もっと安全になりそうだ。

Boslla
Boslla

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP