bouncy
ABOUT US
Social Good

【bouncy columns】あなたのことを60秒で教えてください

こんにちは、動画ライターの弓月ひろみです。Web・ラジオ・雑誌などで、メディア出演と執筆をしながら、イベントプロデューサーをしています。

普段の活動では、テクノロジーのネタが中心です。特に動画では、海外ガジェットなどを担当することが多いのですが……bouncyでの連載にあたり、ちょっと挑戦的な取り組みをさせてもらうことになりました。「60秒で、誰かの人生を教えてもらおう」という企画です。

いろんな生き方や哲学。「人」にフォーカスして伝えたい

現代には、楽しいことがたくさんあります。その一方で、心が自由になりにくい、生きづらい社会でもあるように思えます。SNSでも、一人一人が空気を読みながら“これは誰にとっての正義なのか”、“正しい解答はどれなのか”そんなことを探り探り生活している、そんな気がします。

もし、そんな日々に閉塞感を感じたり、追い詰められているひとがいたとして。自分とは違う、誰かのことを知れば、「こういう人生もあるんだ」「こういう考え方もあるんだ」と思えるかもしれません。少しでも、気持ちが軽くなるかもしれません。そんな風に、みんなが楽になれる未来を考えて、この企画をはじめることになりました。

喜怒哀楽の表情と、特にステキな部分をピックアップ

インタビューする相手には、枠を設けていません。職業や性別、年齢や肩書きは、バラバラになる予定です。撮影前には、私から、30個ほどの質問をします。その後、ステキだなと思った回答や、皆さんにお伝えしたい答えをピックアップします。

そして、そのひとからあなたへ、カメラ越しに伝えてもらいます。同時に、その人が思う「自分の喜怒哀楽」の表情も、お届けします。動画でピックアップされなかった質問は、記事として掲載しますので「もっとこの人のことを知りたいな」と思ったら、

その人の本音が知りたい。となったら、最初にやるのは自分しかいない

哲学や人生を、カメラの前でさらけ出してもらうということは、相手を裸にするのと同じこと。となれば、まずは自分が脱いでみなくっちゃ失礼ですよね。

ということで、第一回は私自身、自分のことをお伝えすることにしました。

あなたにとっての人生とは?  過去とは、現在とは、未来とは?
もし自分が質問されたら、どんなふうに答えるかな……そんなことを考えながら見てください。

◆わたしのことを教えます “メディアで生きるフリーライター”への質問◆

●自分の仕事のどこが好き?

ひとが集える場所を作ると、誰かの友達が増えていく。それを見るのが好きです。

●喜怒哀楽のうち、あなたを一番動かすものは。

怒り。理不尽だな、ということを、喜びに変えられそうな仕事を選んでいます。何かを変えたい=解決したい「問題」があるということだと思う。

●どうして働くの?

人生を自分で終わらせようとする人を減らしたいから。 共感できる表現や未来の希望を伝えること、居場所と思えるところを作れば、そういうひとが減らせるかもしれないから。

●自分の嫌いなところ

褒められたがりで八方美人で、雑なところ

●あなたにとって人生とは

劇団。自分と仲間と一緒に物語を作り上げていく家庭。大変なことも、予想外のこともいっぱいあるけれど、すごく楽しい。

●仕事に欠かせないものは。

コーヒーと口紅。どんなに疲れていても、このふたつがあれば、アクセルをギューっと踏み込める感じ。

●人生を変えたフレーズは?

「高い山があったとしても、登り方は色々ある」

●落ち込む瞬間は?

人のやっていることすべてがかっこよくみえる時。自分のミスで失敗した時。

●元気になりたい時はどうする?

温泉にいく、仲間とごはんに行く、本屋に行って知識をたくわえる。

●謝りたいひとは誰ですか

私のおもいやりが足りなかったひとたち。

●お礼をいいたい人は誰ですか

両親と、関わってくれた仲間みんな。

●人が知らない自分の一面は

わりと腹黒い

●やりたくないことは?

請求書を作ること、お金の処理。

●今までで一番辛かったのは?

オーディションに落ちまくっていたアイドル時代。

●いまやりたいことは

いろいろなアイディアを形にしたい。

●あなたにとって過去とは

全能感

●あなたにとって現在とは

反省と努力のとき

●あなたにとって未来とは

変えられるもの

●20年後何をしていたいですか?

美味しいコーヒーを楽しめる人でいたい。

●あなたの考える、「人間」の未来とは

人類の叡智で、拓かれていくと信じています。

(動画ライター 弓月ひろみ)

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP