bouncy
ABOUT US
Products

あらゆる物をスピーカーにする「Cisor」

音は周囲にある空気が振動することで伝わる。その仕組みを使い、テーブルや窓などがスピーカーに早変わりするユニークなプロダクト、「Cisor」が誕生した。

大手クラウドファンディングサイトIndiegogoでIndiegogo Team が選ぶお気に入りプロダクト“Indiegogo Team Favorites”にも選ばれた「Cisor」。あらゆるものをスピーカーに変える斬新なアイディアで、人々の注目を集めている。

設置面によって音が変化する?

イギリスの「Damson Audio」社が開発した「Cisor」は、テーブルや窓などにあらゆる場所に設置して、音を反響させることで音楽を楽しむ小型スピーカーである。最先端のステレオサウンドを備えたBluetootスピーカーで、ワイヤレスで様々な場所で音楽を響かせることができるという。

「Cisor」では、本体の音の振動を吸着板を通して接する面に伝え、設置面全体で空気を震わせることでパワフルな音を奏でることを実現している。設置面の材質や面積、形状などにより、スピーカーから聴こえてくる音が異なるという面白い仕組み。例えば面積が広い設置面では、壮大に大きな音で音楽が聴こえてくるそうだ。思いつくあらゆる場所に「Cisor」を貼り付けて、お気に入りの音楽に合うぴったりの表面を探すのも、また楽しそうだ。

十分な音量を確保

とてもユニークなスピーカー「Cisor」は、その使用用途にも注目したい。

多くの人が集まるパーティーでは、屋内・屋外ともにスピーカーを設置しなければいけなかったが、「Cisor」があれば1台で問題ない。なぜなら、窓に「Cisor」を貼り付けることで音が窓ガラスを通して拡散し、屋内、そして屋外にも音楽が聴こえるからだ。

同じ原理を使い、なかなか後部座席まで音楽が届かない車内でも、窓に貼り付ければ車全体がスピーカーになったように音楽が全体に届く。また、シャワーを浴びるときも防水のスピーカーを用意することなく、「Cisor」を使用することでスピーカーを濡らすことなく音楽を楽しめるという。

さらに「Cisor」を2台使って、自分の左右両側の壁に貼り付けて音楽を再生すると、そこはまるで立派なオーディオルーム。高価で大きくかさばるスピーカーなどの装置要らずで、オーケストラ演奏を忠実に再現してくれるのだ。この方法では、約42平方メートルの部屋で効果的に音楽を楽しむことができるとのこと。オーディオルームの夢が「Cisor」によって、かなえられるかもしれない。

無駄のないシンプルなデザイン

「Cisor」の魅力の一つに、そのデザイン性が挙げられる。シンプルかつ上品で無駄のないデザインを、開発企業のCEOであるJames Talbot氏は「It’s Gorgeous!」 と自画自賛している。

手のひらに収まるほど小さな「Cisor」だが、パワフルに音楽を奏でるスピーカーである。なぜここまでコンパクトでいながら、力強く、オーケストラ演奏にも対応するスピーカーが実現したかというと、独自の技術により“コーン”と呼ばれる従来のスピーカーでは必要不可欠とされていた箇所を削除することに成功したからである。

カラーはブラックとシルバーから選べる。どんな場面でも雰囲気を壊さないシンプルでスタイリッシュなデザインの「Cisor」は、年齢層や性別を問わず多くの人に愛用されるだろう。

あらゆるものをスピーカーに変える「Cisor」は、きっとみんなの注目の的となるだろう。自宅はもちろんのこと、外出先や旅行先でも色んなものに貼り付けて、みんなでユニークな音楽を楽しもう。身の周りの意外なものが、優秀なスピーカーになるかもしれない。

Cisor
Courtesy of Damson

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...