bouncy
ABOUT US
Products

究極のミニマリストに? 世界最薄・最小4G端末「カードケータイ」を使ってみた

NTTドコモから厚さ約5.3mm、重量わずか47gを名刺サイズに収めた、京セラの携帯端末「カードケータイ KY-01L」が発表され、話題を呼んでいました。使い心地はどうなのか、実機を手に取って確かめてみました。

レトロな最新4G端末

到着した「カードケータイ」を手に取って最初に思ったのは、

「ちっさ!」

ということ。

手に持っても重みは感じられず、ポケットに入れてしばらくたつと、どこに入れたか忘れるレベルでした。

さっそく「カードケータイ」の電源をオンにしてみると、「ピッピッピッ」とレトロな電子音。操作するたびに、「ゲームウォッチ」を思い出す音色が鳴ります。(設定からオフにできます)

電子ペーパーディスプレイの使い勝手

2.8インチの電子ペーパーディスプレイには、9つのアプリがインストールされています。スマホではないため、アプリを追加することはできませんが、これ一台だけで電話、メールにブラウジング、テザリングまでこなせるというのは驚き。

フリック入力にも対応しているため、スマホ感覚でテキストを打てました。ブラウザは画面が小さいためみづらく、動画はサポートされていません。ちょっとした調べ物をこなす「ないよりはマシ」な存在と受けとめるのがよさそう。

電子ペーパーなので待機電力がゼロという利点もあり、連続待受時間は約100時間を実現。ただし、スマホの動作とは異なり、画面の切り替えに少し間があるので要注意です。

なお、ハードウェア面はかなりそぎ落とされており、カメラはなく、FeliCaも非搭載。残念ながらおサイフケータイはサポートされていませんが、アレもコレもと言い出すとキリがないので、これくらいがちょうどいいのかも。

カードケータイの使い道は?

ガジェット好きにとっては、「このサイズで電話もメールもテザリングもできる」というだけでほしくなってしまうものですが、実質約1万円という価格の端末を購入するには、実用的な使い道を考える必要があります。

1:究極のミニマリストに

スマホを持っていると不要なアプリを定期的に見てしまうもの。手持ちのスマホを思い切って「カードケータイ」にしてしまえば、SNSにもLINEにも煩わされることのない、究極のネット断食を実践するミニマリストになれるはず。

2:2台持ちのガラケー代用品

スマホ+ガラケーで運用している人は、ガラケーを「カードケータイ」で代用できそうです。テザリングもできるので、2台のプランを見直せばより経済的な組み合わせも見つかるかも。

3:社用ケータイの代用品に

プライベートと仕事で電話番号を分けたい人は、おのずと2台を持ち歩くことになります。このうち電話とメールができればいい仕事用は「カードケータイ」にするのもひとつの手。持ち運びのストレスは軽減されそうです。

・ ・ ・

“ケータイ”の新しいスタイルを提案する「カードケータイ」。2018年11月下旬発売予定で、一括払い機種代金は税込31,752円ですが、月々サポート適用後は実質約1万円になります。レトロなのに最新の4G端末で、新しいライフスタイルを実戦してみては?

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP