bouncy
ABOUT US
Art

グルグルだけで楽しい♪ 2つのヤマハが作った演奏マシン〜Yamaha Design Exhibition 2018

音響のヤマハと、乗り物のヤマハ発動機。2つのヤマハのデザインチームが協力し、毎回ユニークなコンセプトを展示するのが「Yamaha Design Exhibition」です。

今年は「Tracks」をテーマに、体験型音響装置「&Y03 eMotion Tracks」なるものを披露。どんな説明より動画の方がわかるので、まずは動画をどうぞ。

協奏体験

「&Y03 eMotion Tracks」は、乗り物のパーツによって構成されたアンサンブルが楽しい演奏装置。タイヤのような外観の回転する装置を回すと、各パーツに割り当てられた音が鳴ります。回転の強弱や逆回転などを組み合わせると音色が変化。仲間同士で音遊びが楽しめます。

何が面白いってこの装置、よくわからずグルグル回しているだけで、演奏する楽しさが味わえるんです。演奏者同士でついつい笑顔になってしまい、難しいことは考えずにエンドレスにグルグルしたくなりますよ。

・ ・ ・

なお2018年のYamaha Design Exhibition、テーマは「Tracks」でした。

これは「軌道」を意味する言葉で、トラックレースやサウンドトラックといったように、乗り物の世界でも音の世界でも使われる言葉となっています。2つのヤマハはこのテーマの中に、両社が重なり織り交ぜ合いながらも理想の時間を表現できたら、と願いを込めたそう。

「&Y03 eMotion Tracks」は仲間とともに、時間と場所を共有しながらアンサンブルします。それは共創の時代とも言われる、今の空気を象徴するかのようなもの。仲間との楽しい体験を通じ、これからやってくる未来についても前向きに語り合えたら濃密な時間になりそうです。

Yamaha Design Exhibition「&Y03 eMotion Tracks」
ヤマハ、ヤマハ発動機

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP