bouncy
ABOUT US
Technology

髪の毛で「音」を感じるデバイス「Ontenna」

音のない世界で生活している、聴覚に障がいを抱えている人々。彼らは、ヤカンでお湯が沸いている音やインターホンの音、メールの着信音など、生活を送る上で欠かせない様々な「音」が聞こえないことで、様々な不便を感じている。

そんな人々に「音」を届けるデバイス「Ontenna」が、富士通により現在開発中である。このプロジェクトをリードするのは、大学1年生のときの聴覚障がい者の出会いをきっかけに、手話通訳のボランティアやNPOの立ち上げなどを行ってきた本多達也氏。彼が描く「全ての人に音を届ける」世界観とは?

「髪の毛」が新しいインターフェースに?

「Ontenna」は、髪から音を届けるデバイスである。「まるで猫のヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」をコンセプトにし、プロジェクトは進められている。

では、なぜ髪の毛なのだろうか。それは、髪の毛の役割というと、“太陽光から頭皮を守ってくれる”などが考えられるが、それ以外にも吹いてくる風の向きや強さを知ることができる。そのため、髪を新しいインターフェースとして使えるのではないかと本多達也氏が考案したからである。

彼のアイディアは、ヘアピンのように髪の毛に装着し、振動と光によって音の特徴をユーザーに伝えること。それが全く新しいデバイス「Ontenna」である。

「Ontenna」のしくみ

「Ontenna」は、マイクで拾った30デシベル〜90デシベルの音圧を、256段階の振動と光の強さに変換し、音の特徴を伝達。音源の鳴動パターンをリアルタイムに変換することで、音のリズムやパターン、大きさを知覚することが可能となる。

「Ontenna」では、音がする方向や距離感までもユーザーは感じることができるという。これにより、インターホンや電話の呼び出し音などに反応することが可能となるのだ。

「Ontenna」のこれから

現在も開発が進められている「Ontenna」。これからの姿はどのようなものになるのだろうか。

雰囲気を体感する

スポーツイベントやライブ会場でその場の熱気を感じる。

映画を体感する

映画の音響や、観客のリアクションを体感する。

楽器演奏者のため

特定の音程に反応して、演奏や調律をサポートする。

ダンサーのため

リズムを感じて、ダンスの個人練習を可能にする。

さらに同社は、現在“音程認識機能”の開発に取り組んでいるという。これにより将来的にユーザーは「音色」や「音質」を感じられるようになるという。また、イヤリング型や、ネックレス型などの「Ontenna」の開発も予定しているようだ。

「Ontenna」を体験した人々の反応

実際に「Ontenna」を使って、タップダンスを題材にした映画「TAP THE LAST SHOW」を鑑賞した人々の反応は?

2017年6月に行われた“タップダンスのタップ音を感じることができるのか”という実証実験では、「楽しかった」「タップを感じられた」という声があがったという。しかし、「振動が強すぎる」「髪の毛に付けにくい」といった厳しい意見も多数寄せられたとのこと。今後「Ontenna」が更なる進化を遂げることを期待したい。

グッドデザイン賞受賞を始め、国内外の多くのメディアが注目する「Ontenna」。聴覚障がい者たちに本当に使ってもらえるユーザインターフェースを目指し、開発はこれからも続いていく。

Ontenna
Courtesy of 富士通

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...