bouncy
ABOUT US
Technology
物流をスマートにする自動運搬ロボ「Hikvision smart robot system」

物流において多くの労力を必要とする荷物の仕分け作業。最近ではネットショッピングを利用する人が激増し、倉庫内でのスピーディーな荷物の仕分け作業は欠かせないものとなっている。

中国の企業「HANGZHOU HIKROBOT TECHNOLOGY」社が開発した「Hikvision smart robot system」は、小型ロボットを使って荷物の仕分けや運搬をサポートするシステムである。

これまで人の手によって行われてきた荷物の仕分け作業を、ロボットはどのように改善してくれるのだろうか。

活用シーンは?

「Hikvision smart robot system」は、使用する場所によって2つのタイプが用意されている。

倉庫

スキャンされ、棚に置かれた商品はロボットにより指定された場所に格納される。ロボットならではの高密度な収納により、倉庫のスペースを最大限に使うことが可能だ。充電が切れそうになると、自発的に充電ドックに帰還し、充電する。充電が一杯になると、自動的に持ち場に戻って仕事を再開する働き者だ。このシステムでは、何百ものロボットを一度にコントロールすることが可能だという。

ロボットは材料や商品を製造ラインに運ぶこともできる。ロボットが所定の場所に到着したら、パレットや棚から商品を下ろす。ときにはエレベーターを使って材料などを上の階や下の階に運ぶことだってできる。目的のフロアに着いたら、別のロボットが待っていて商品をピックアップする仕組み。スロープもスムーズに走行することができる。

工場

工場で使われているロボットは、上段と下段のそれぞれにローラーが付いていて、製造ラインにドッキングすることができる設計となっている。上段のローラーを使い、材料の入ったボックスをベルトコンベアーに運ぶ。それと同時に、空になったボックスの回収も下段で同時に行うことができる。

商品の梱包作業が終わったら、ロボットを呼び荷物の乗ったパレットや棚を回収してもらう。そして完成した商品をロボットが倉庫まで運ぶのだ。商品のコードをスキャンし、仕分けのラインへと移動させる。そこで商品のサイズや重量を計る。カメラにより読み取られたコードにより、配達地域別に分けられる。

ロボットの働きぶり

開発を行った「HANGZHOU HIKROBOT TECHNOLOGY」社では、実際に260,000平方メートルの広さで、800近いロボットが働いているという。

同社の物流全体を統括しているYangs氏は、ロボットの働きについてこう語っている。

「50,000万平方メートルの広さで働いている160ロボットのおかげで、5,000もの注文に対しても難なく対応できるようになった。さらに、日々10,000以上の商品を出荷している」

また、以前のオペレーションと比較すると、このロボットのおかげでなんと58%も従業員の工数削減に成功しているという。また84%も業務効率を向上させたとのこと。さらに同社は車を持ち上げて駐車するロボットの開発も手掛けており、スマートなロボットたちの活躍シーンがますます増えている。

ネットショッピングなどの増加によって、物流の現場での従業員の疲弊が問題になっている昨今。こうした産業用ロボットの導入によって、疲労による事故や、誤配達などが削減でき、労働環境の改善につながるかもしれない。

今後の「働き方」自体も、ロボットたちのサポートによって、日々変化していくことだろう。

Hikvision smart robot system
Courtesy of Hikvision smart robot system

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

CATEGORY NEW ARTICLES

RECOMMEND