bouncy
ABOUT US
Event

珍しいポケモンが目白押し! 65,000人が参加したポケモンGO横須賀イベントをレポート【bouncy columns】

こんにちは、動画ライターの砂流(すながれって読みます)です。

ゲームやeスポーツに関する取材をおこなうbouncy columns、第2回は8月29日から9月2日まで横須賀で開催されていた『Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA』です。

もしかしたら、「いまさらポケモンGO? ブームは去ったでしょ!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。アプリがリリースされてから2年以上経ちましたしね。でも今のポケモンGOって、ブームだった頃よりもプレイヤー人口が増えているのをご存知ですか?

調査会社のSuperData Researchによると、2018年5月の月間アクティブユーザー数は、1億4,700万人。日本の人口を超える人たちが世界中でポケモンGOを遊んでいます。なんとなく凄さが伝わりましたでしょうか。

今回は、そんなポケモンGOのリアルイベント『Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA』のレポートです。

会場になったのは、横須賀市内の「ヴェルニー公園」「三笠公園」「くりはま花の国」。イベントは抽選制で、いずれかの公園にある特別なポケストップを回すとチェックインできる仕組みでした。

チェックインすると、スペシャルリサーチという特別なミッションがあらわれます。内容は、イベントで大量に出てくる珍しいポケモンをゲットしたり、タマゴをふ化させるといったもの。どれも1~2時間程度の時間をかければクリアできる内容でした。

スペシャルリサーチで捕まえるのは、ダンバル、ナマケロ、ラルトスという普段はなかなか出ない、かつ、進化させるとバトルで活躍するポケモン。タスクをクリアすると進化後のメタング、キルリア、ヤルキモノの捕獲チャレンジのご褒美が。

ほかにもトロピウスというアフリカ近辺限定のポケモンや、

かなり希少なアンノーンも大量に出てきました。アンノーンはアルファベットを模しているのですが、イベントに出てくるアンノーンをすべて集めると「YOKOSUKA GO!」になります。

ヴェルニー公園の様子。ちょっと見えにくいですが、人がずらーーっといるのがわかりますでしょうか? イベント開始時間である10時にはもうこの人だかりでした。

こちらは三笠公園。世界三大記念艦の一つである三笠が存在感を放っていました。

三笠からポケモンプレイヤーを眺めた様子。

こちらは、くりはま花の国。見ての通り大自然です。

ポケモンGOのAR+機能を使ってポケモンの記念写真をとるとリアルにポケモンがいる感じがして、雰囲気のある場所でした。

Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKAは、横須賀市内全体でイベントを盛り上げていたのも印象的でした。こちらは、ヴェルニー公園と三笠公園のあいだにあるどぶ板商店街。写真では伝わりにくいですが、ポケモンGOの音楽が商店街のスピーカーから流れており、買い物をするとステッカーがもらえる連動企画もありました。

1時間に1回、ピカチュウかイーブイが商店街を練り歩くイベントも。

最後に紹介するのは、イベントに参加した人限定で回せるメモリーレーンというポケストップ。歴代のポケモンGOのオープニング画像がアイコンになっていて思わずスクリーンショットをとりたくなる可愛さでした。こういう収集欲を刺激する企画はユーザーとして嬉しい限りです。

まとめ

ポケモンGO公式によると、開催期間5日間でイベントに参加した(抽選で当たった)トレーナーは、65,000人。1人あたり、3.75km歩いて、1日あたり310万匹のポケモンを捕まえたそうです。また、抽選に外れたトレーナーも横須賀に遊びに来ており、合計20万人以上のトレーナーがポケモンGOと横須賀を楽しんだようで、改めてポケモンGOの人気を感じる機会になりました。

11月にはNintendo Switchで『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』が発売されます。ポケモンGOとの連動も発表されているので、どんな連動になるかを含め楽しみです。

(動画ライター 砂流恵介)

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP