bouncy
ABOUT US
Technology

折り紙のようにペラッペラ。誤飲した電池を回収できる超小型ロボット「Ingestible origami robot」

マサチューセッツ工科大学、シェフィールド大学、東京工業大学が共同で開発する小型ロボット「Ingestible origami robot」。外部磁場を利用して操作することで、胃の中を移動し、誤飲した電池を回収してくれる。

豚の腸を使った折り紙のような構造

Ingestible origami robotは、豚の腸を使って作られており、乾燥状態だとガムの包み紙のような構造で、水分を吸収すると、外部磁場の変化に応じて、胃の中を動き回る。体内には氷のカプセルに入って侵入し、誤飲した電池に近づくと、内蔵磁石でくっ付いて回収。あとは消化の流れに乗って体外へと出ていく仕組み。

電池の回収以外にも薬を届けたり、胃や腸にできた傷の治療も可能だとか。

・ ・ ・

アメリカ国内で年間約3,500件発生するという、ボタン電池の誤飲事故。酸と反応して内臓の内壁に張り付いたりと、かなり危険だ。Ingestible origami robotが誤飲事件の救世主となってくれる日が来るかもしれない。

Robot Origami
Melanie Gonick/MIT.

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP