bouncy
ABOUT US
Products

イヤな靴のニオイ、一晩で脱臭。パナソニックの「MS-DS100」でニオイ不安対策

ニオイによって周囲を不快にすることを「ニオイハラスメント」などと呼ぶ昨今。その是非はともかくとして、それだけ周囲に気をつかおうという「ニオイケア」の風潮が高まっている。ただ、ニオイケアはなにかと面倒なのも事実だろう。

パナソニックが発表した靴脱臭機「MS-DS100」は、毎日の「ニオイケア」を気軽に行えるツール。一日はいた靴のイヤなニオイを靴に差し込んで脱臭する。

ナノイーより強力な脱臭効果

イヤなニオイ発するのは、足にかいた汗の湿気と雑菌によってニオイ物質「イソ吉草酸」が発生するのが要因の1つに上げられる。靴脱臭機「MS-DS100」では、微粒子イオン「ナノイー」より約10倍の「OHラジカル」を生成する「ナノイーX」によって脱臭効果が期待できるという。

ちなみに「OHラジカル」とは高反応成分として知られる。有害物質除去につながるとして、パナソニックだけでなくシャープやダイキンが空気清浄機などで取り入れている。

電気代1回1円以下と経済的

靴脱臭機「MS-DS100」は、収納ケースがついたシンプルな形状をしている。靴の足を入れるところに吹出口を差し込み、電源スイッチを押すだけで駆動する。吹出口は6方向に「ナノイーX」を送り、つま先からかかとまで靴内全体のイヤなニオイを分解脱臭するとしている。

なお、セットできる靴はスニーカーなどの運動靴のほか、革靴やパンプスなど。電気代は1回あたり0.4円と1円以下。玄関の近くにコンセントがない家庭でも、モバイルバッテリーで動作可能だ。

脱臭にかかる時間は通常モードで約5時間。毎日同じ靴をはいていくことが多いであろう学生は、学校帰りにセットする習慣をつけるとよさそうだ。とくにニオイが気になる場合は約7時間のロングモードもある。

発売日と価格

靴脱臭機「MS-DS100」は9月20日発売。店頭価格は20,000円前後となっている。

なおパナソニックでは靴脱臭機だけでなく、スーツやコート、制服などに使える脱臭ハンガーなどもラインナップしている。

・ ・ ・

なにごとも習慣化するためには、労力の低さが重要だ。とくにエチケットなどは、自然に取り入れやすい仕組みにすることで、過度に気にする必要がなくなる。

周りの目だけでなく周りの「鼻」も気にしていたら、毎日を全力で楽しめない。簡単操作で気軽に使えるニオイケア、未来の暮らしでは当たり前になるのかも?

靴脱臭機「MS-DS100」
パナソニック

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP