bouncy
ABOUT US
Technology
IoTを体験できる次世代型スマートホテル「&AND HOSTEL」レポート

「IoT 元年」とも言われる2017年。国内外で様々なプロダクトが開発され、VRと並んでガジェットのトレンドとなっている。そしてそのIoTを、宿泊しながら体験できるスマートホステルが「&AND HOSTEL」だ。

「&AND HOSTEL」はスマートフォンアプリ開発会社の「and factory」社が運営するホステル。福岡、浅草北に続き、今年5月に上野店がオープンし、国内外の観光客から注目を集めている。

客室はすべてスマホで操作

一見普通のホステルだが、随所にテクノロジーを駆使している。
客室の鍵には「Qrio smart lock」が取り付けられ、スマホで開閉が可能。中に入ると、カーテンには自動で開閉できる「mornin’」、エアコン・テレビは複数のリモコンの情報を学習し、アプリ上で操作ができる「iRemocon」、照明には1600万色の光を自由に変えられるLED「Philips Hue」が設置されており、全てスマホで操作をすることができる。

さらには、共有施設の洗濯機やバスルームの利用状況をセンサーシステム「MESH」で知ることができる。

最新ガジェットが勢揃い

ラウンジにも「Amazon Launchpadストア」の製品がズラリ。
すべて試用が可能で、売り場に設置されているQRコードを読み込めばAmazon Launchpadストアの各商品詳細ページにアクセスし、その場で購入することもできる。ユニークなホステルには国内だけでなく、アメリカ・ヨーロッパなど海外からの客も数多く訪れるという。

ガジェット愛にあふれるホステルはどのようにして生まれたのか?ホステルのマネージャーを務める茶置氏に話を聞いた。

独自のスマホアプリを開発

ーースマートホステルのきっかけは?

茶置:もともと弊社はスマートフォンアプリ開発の他に、もう1つ不動産事業部というまったく違う軸がありました。そしてその2つをかけ合わせた事業を創出できないか?という発想がきっかけです。

ーースマートフォンアプリ開発のノウハウはどのように活かされていますか?

茶置:IoTデバイスを操作するアプリですね。チェックインの際にルームキーではなく1台のスマホを渡しています。これには、弊社が開発したアプリをインストールしていて、それ1つで館内のIoTデバイスをすべて操作することができます。

ーー通常、IoTデバイスごとに専用アプリがありますよね?

茶置:そうですね。快適な宿泊を提供したいので、それぞれのアプリを弊社のエンジニアが単一のアプリにまとめて統合管理することで、より快適で使いやすい空間を提供しています。

メーカーと連携してIoT市場を底上げしたい

ーー今後の展望は?

茶置:進行中の取り組みとしては、メーカーとの連携で、お客様のフィードバックを共有することです。もちろん新しいテクノロジーはお客様を驚かせ、喜ばせるものですが、まだまだ発展途上な部分もあると思います。フィードバックを共有することで、改善点が明確になったり、新たなニーズを見つけて新製品の開発に活かしたりすることができます。結果として、私達が提案するIoT体験で豊かにするライフスタイルを広め、市場を活性化させたいですね。

注目のスマートホステルは、スマートフォンアプリ開発のノウハウを活かし、実際に未来のライフスタイルを提案することで、感度の高いユーザーの声を募っていた。メーカーとユーザーをつなぐ取り組みが、よりスマートなライフスタイルを導き出してくれるのかもしれない。

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

CATEGORY NEW ARTICLES

RECOMMEND