bouncy
ABOUT US
Culture

カリフラワーを細かく刻んだ「カリフライス」はお米の代用になるか?

主菜や副菜になる食材を、必要な分だけ、レシピとともに定期的に自宅に届けてくれるサービス「Oisix(オイシックス)」。献立を考えなくてもいい、重い食材を買いに行かなくてもいい、産地がわかる食材しか届かないので安心という点から、主婦や一人暮らしの若者の間でも人気となっている。

今回はそのOisixが、ヘルシー志向の人々を中心に注目を浴び出しているカリフラワーのライス、その名も「カリフライス」の販売を開始したということで、お米と同じようにおいしく食べられるのかを検証してみた!

カリフラワーがご飯がわりになるのか

OisixのHPには、『白ごはんと比較して、糖質約1/24・カロリー約1/6、カリフラワーをサイコロ状にカットしました。レンジで加熱するだけで、簡単にお米の替わりとして食べられます。』と書いてある「カリフライス」。

調理方法は、袋のまま少しだけ口を開けて、500wで2分45秒/600wで2分30秒、電子レンジでチンするだけ。

歯ごたえを残したい人は、ここで、加熱しすぎないよう10秒程短くしたほうが良さそう!

今回は、セットにビビンバが作れるキットとカレーが作れるキットを注文。

「カリフライス」と一緒に食べてみました!

濃いおかずと食べれば、いける!

何人かのレビューを見てみると、「かんでいくうちに甘みが出てきてお米みたい」という感想がちらほらありましたが、そうは思いませんでした。
しかし、“お米”として食べるのではなく、“おかずの味を緩和させるお米の役割をしてくれる野菜”として食べるのであれば、満足して食べることができました!

炭水化物を我慢して、生野菜をサラダで食べるよりもずっと食べやすく、ダイエットや夜食などには向いています!

bouncy編集部の他のメンバーは、これにプラスで、お米を食べたいと言っているものもいました(笑)。

・・・

撮影しているときに、カメラマンが「カリフライス」を本物のご飯と勘違いしてしまったほど、パッと見は白飯に見える「カリフライス」。

体重が気になる、夜食でがっつり食べたいと思ってる人は、ぜひ白米の6分の1のカロリーである新感覚ライスを試してみてください。

商品名:カリフライス約1人前
販売規格:120g
販売期間:8/16(木)10:00 〜 9/13(木)9:59
価格:398円(税抜)
Kit Oisixとカリフライスをセットで通常価格より3%割引で販売中

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP