bouncy
ABOUT US
Technology

未来の生活はこうなる? スマホが勝手にチャージされるワイヤレス充電システム「Wi Charge」

ワイヤレス充電といえば充電規格「Qi」が一般的になりつつあるが、これは端末とワイヤレス充電パッドがごく近くにある必要のある「近距離無線充電」。イスラエルの企業が開発した次世代ワイヤレス充電システム「Wi Charge」は、ワイヤレス充電パッドすら不要な「中距離無線充電」システムで、部屋に入ってきたスマホが勝手に充電されていくという未来すぎる技術となっている。

赤外線を使ったワイヤレス充電システム

CES 2018でもプロトタイプが出展され、離れた場所に電力を送信するデモンストレーションが披露された。天井などに設置する送信機と、スマホなどに装着する受信機がセットになったシステムで、受信機を自動的に検知して、赤外線を介して電力を送信する。赤外線と聞くと健康に害がないかが気になるところだが、世界各国の規制当局の基準をクリアしているという。以下の世界地図の緑色は、「Wi Charge」が安全であると承認を受けたことを示している。

動画では部屋に入ると自動的に複数のスマホが充電されていく様子が映し出されている。バッテリーが満タンになれば自動的に給電がストップする仕組みなので、過充電の心配もないそうだ。

実際に2.5Wの出力で、5メートル離れた端末に給電するデモも成功済み。スマホに受信機を設置する必要があるものの、「Wi Charge」対応のスマホケースの開発も行われているため、既存の端末でも使えるところは魅力的。スマホだけでなく、スマートロックやスマートスピーカーなど、IoT機器にも対応するようだ。

なお、「Wi Charge」は公式サイトでベータ版ユーザーを募集しており、興味がある人は申し込めば、「Wi Charge」を体験できる可能性もあるようだ。

・ ・ ・

まだ実用段階にはいたっていないものの、もし製品化に成功すれば、Qiより便利なシステムになるかもしれない「Wi Charge」。未来のワイヤレス重電システムは、すぐそこまで迫っているのかも?

Wi Charge
Wi-Charge.com

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP