bouncy
ABOUT US
Culture

素敵な異世界! 「カラフルな街トップ10」に選ばれたイタリアのブラーノ島に行ってみた

イタリアのベニスに旅行にいくことになったので、ついでにヴェネチア本島から船で約1時間ほどの場所にある、カラフルな街で有名なブラーノ島に行って来ました。

ブラーノはどこにあるの?

インスタグラムなどの影響により、午後は観光客が多く訪れるということで、朝9時にヴェネチア本島のメインステーションであるヴェネチア・サンタ・ルチーア駅に到着。その後、船に乗って、まずは乗り継ぎ場所のムラーノ島へ。

ここからさらに別の船に乗り、目的地であるブラーノ島に到着しました。

午前中にも関わらず、船はまぁまぁの混みよう。特にインスタ映えを狙った小ぎれいな格好をした女子が多く見られました!

なぜ家がカラフルに塗られているのか?

ブラーノ島に着いた瞬間から、カメラのシャッターが止まりませんでした。どこを歩いてもカラフルな家ばかり。干してある洗濯物までこだわっているお家もありました。

なぜブラーノ島の家々がこんなにカラフルになったかというと、ブラーノ島は漁が盛んな街で、漁師の方々が、漁に出てから家に戻ってくるときに霧の中でも、遠くから自分の家を認識できるように、このように塗られるようになったということです。

今では、隣の家と同じ色にしてはいけないというルールもあるんだとか。
ブラーノ島自体は、とても小さく、数時間でぐるっと回れてしまう大きさです。

観光客がスマホやカメラ片手に、動き回り、写真やビデオを撮りまくっていました。それでも特に嫌な顔せず、朗らかな街の人々。

ブラーノ島は、漁の他にレース編みも盛んで、お店に入ると熟練のおばあさんがレースを編んでいる光景も見ることができました

レースの他にも、ヴェネチアで有名な仮面や、乗り継ぎで1度降り立ったムラーノ島で有名なヴェネチアンガラスなどのスーベニアショップもカラフルな家々の間にみうけられます。

是非ヴェネチアを訪れた際は、少し足を伸ばしてこの異世界を体験してもらいたいです。

ブラーノ島

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP