bouncy
ABOUT US
Products

次世代ダンボールハウス「Wikkelhouse」。オシャレかつエコ!

「紙で家を作る」といえば建築家の坂茂(ばんしげる)さんを思い出すが、こちらはさらにプロダクト寄りになっている。

オランダはアムステルダムのハウスメーカー「Fiction Factory」が手がけているのは、ダンボールで作る家、その名も「Wikkelhouse」。現在オランダ、ベルギー、ドイツ、フランス、イギリスなどなどの国で受注生産している。

作り方はかなりダイナミックだ。家の型にダンボールを24層巻き付け、仕上げに通気性を備えた防水性のホイルを貼り、ウッドパネルの外壁で覆う。これをいくつもつなげ、好きな場所に置き、好きな大きさの家を作る。
基礎工事が必要ないため、設置はたったの1日で完成する。基本的には仕切りのないワンルームだが、「ホームセグメント」と呼ばれるモジュールを追加すれば、キッチン・バスルーム・トイレ・暖炉などを追加して、希望の設備を整えられるようになっている。

残念ながら(たとえ買えたとしても)地震大国の日本では利用が難しそうだが、誰も知らない山奥の空き地に設置してしばらく住んでみたい、そう思わせる未来的なハウスだ。

Wikkelhouse
Fiction Factory

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP