bouncy
ABOUT US
Social Good

ロサンゼルスのホームレスのために。2週間以内に組み立てられるモジュール式住宅「Homes for Hope」

南カリフォルニア大学建築学部(USC)と協力して、MADWORKSHOPが行っている「Homes for Hope」。ロザンゼルスにある放置された土地の数々にホームレス向けの住居を建てる自立支援プロジェクトになっている。

もっと詳しく

空室率2%といわれる西海岸最大の都市ロサンゼルスでも、活用されていない土地が多くあるようで、そんな未使用の土地を使って、ホームレスの生活拠点になるモジュール住居を作っている「Homes for Hope」。

ロサンゼルスの典型的な建設には、プロジェクトごとに2〜5年のリードタイムがあるが、Homes for Hopeは2週間以内に建築または解体できるので、さまざまな現場の条件に適応できる。モジュール式住居は25,000ドル(約250万円)で建設可能な非常にリーズナブルな住宅となっている。

・ ・ ・

2週間以内に組み立ても解体もできるモジュール式住宅で、ホームレスがすぐに生活できる拠点になる「Homes for Hope」。ホームレス自立への一歩につながっているようだ。

Give Me Shelter
PLANE—SITE


MADWORKSHOP Foundation

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP