bouncy
ABOUT US
Transportation

「ポルシェ」の哲学を受け継ぐ電動自転車「Outlaw Tracker」

ドイツを代表する自動車メーカーである「ポルシェ」。高級スポーツカーやレーシングカーを製造し、多くの人が“いつかはポルシェに乗ってみたい”と憧れるブランドの一つかもしれない。

オリジナルのポルシェはもちろん、ヴィンテージのポルシェにさらなる魅力を加え改造するレストアショップ、「Emory Motorsports」のRod Emory氏は、趣味がよいレストアで有名な人物である。

そんな腕の立つ職人である彼とコラボし、アメリカ・カリフォルニアの企業が開発したのは、ポルシェの哲学が息づく電動自転車「Outlaw Tracker」である。

「Outlaw Tracker」の魅力

「Outlaw Tracker」は、随所にポルシェの魅力がそのまま継承されている。

全体の塗装は、Rod Emory氏が得意とするシルバーメタリック塗装が施され、ヘッドライトもメッシュグリルを備えた強力LEDライトが採用されている。これもまた同氏が大切にしている“ポルシェの哲学”といえる。

ヘッドライトの他にも、サドル下に取り付けられたテールライトがあり、走行中の安全を守ってくれるだろう。これらライトはワイヤーにより、メインバッテリーから電源が供給される仕組みで、ワイヤーやバッテリーを新たに追加する必要はないという。

サスペンションフォークは、クラシックなモーターサイクル風のデザインを取り入れ、長年にわたって使い続けられるよう頑丈な作りになっている。こだわりのサスペンションフォークにより、走りを滑らかにし、道路において最高のパフォーマンスを行うことが可能。

ハンドルは、ステンレス製のバランスの取れたトラッカー風のハンドルバー。完璧な姿勢を保つため計算された作りとなっている。

選べる走行モード

「Outlaw Tracker」は、単なる懐古趣味のプロダクトではなく、最新のテクノロジーを盛り込んだ「電動自転車」である。「Outlaw Tracker」は、時速約32キロで走行する「通常モード」と、最高速度約58キロが出る「レースモード」の二通りの走り方が楽しめる。基本的には「レースモード」はオフロード専用となっている。ちなみに「通常モード」で35マイル(約56キロ)の走行が可能だ。

「Outlaw Tracker」は他にもブレーキはシマノ製を採用し、約58キロの最高速度時でも最適な制動力を発揮するという。幅広のタイヤで見た目にもかっこよく、乗り心地も重視した作りとなっている。

ポルシェは維持費が高い・・・と思っている人は多くいるかも知れない。しかし「Outlaw Tracker」なら、充電時間は約2時間で、費用は約0.18USDとのことなので経済的である。

憧れのポルシェの魂を胸に…

人々の憧れの存在であり続けるポルシェのディテールを、そのまま電動自転車に落とし込んでいる「Outlaw Tracker」。これなら、あなたのポルシェ所有の夢をきっと叶えてくれるだろう。

しかし、「限定50台」の販売なので、その夢をつかむ人もごくわずかなのが残念なところ。プレミアム付きは必至のカリフォルニア産「Outlaw Tracker」。ぜひ一度お目にかかりたいものだ。

Outlaw Tracker
Courtesy of Vintage Electric bikes

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...