bouncy
ABOUT US
Products

日傘の効果をサーモグラフィーで可視化してみた結果(FLIR ONE)

最近「日傘」が注目されています。異常気象ともいえる猛暑が続く中、日焼け防止だけでなく熱中症対策にもなり得るからです。

ただ、日傘をさすという習慣にまだ慣れていない人が、特に男性には多いのではないかと思います。

そこでbouncyでは、日傘に、一体どれほど効果があるのか、iPhoneでサーモグラフィー撮影ができるガジェット「FLIR ONE」を使って撮影してみました。
結果は……一目瞭然でした。

日傘あり/なしの違い

当日の気温は最高気温35℃。体感では暑すぎて外を出歩く気力を失うレベルの炎天下の公園を訪れ、日傘あり/なしで10分間立ち、それぞれの筆者の体温の違いをサーモグラフィーで撮影してみました。

日傘なしで検証

日傘なしだと開始数分で顔中から汗が噴き出し、涼しく空調の行き届いたオフィスのことや「アイスが食べたい」ということしか考えられなくなりました。10分経過後に筆者の体温をFLIR ONEで計測。

直射日光を受けてしまう髪の毛のあたりでは、45℃前後の温度を記録。お風呂だとしてもすぐにのぼせてしまうレベルです。さらにはいていた黒い革靴は、まさかの50℃を超えていました。

日傘ありで検証

いったん休憩して火照った体をクールダウンし、今度は炎天下の中を日傘を差して10分間立ってみました。使ったのは、TAIKUUの、遮光率100%かつUVカット率100%をうたう、折りたたみ式の日傘です。

すると……顔から汗が噴き出ることもありません。触るとじわりと汗をかいている程度。

10分後のサーモグラフィー測定では、日傘で陰になっていた上半身は40℃程度になり、5℃近くの差を生み出すことがわかりました。日差しが当たらないことで、まるで日陰にいるような感覚。真夏の日中でも疲労感がまるで変わります。

明らかに発汗量も少なくなるので、汗っかきの人にも効果的です。
これが日傘の効果か……圧倒的じゃないか……

男性でも日傘を使うべき

筆者はこれまで日傘を使ったことはなく、「日に当たれば健康的に日焼けできるからOK」というスタンスでした。今回サーモグラフィーで検証してみて、日傘は日焼けを防止するものではなく、殺人的な直射日光を手軽に阻止してくれる便利なアイテムであることを痛感することになりました。

埼玉県庁でも、男性の日傘利用を促進する「日傘男子広め隊」が活動しているとのこと。「日傘を使うのは気恥ずかしい」という男性も、ぜひ一度日傘を使ってみてください!一度使えば病みつきになり、快適すぎて外出の必需品になってしまうはずです。

なお、実は今回、日傘と間違って普通の雨傘を買ってしまい、一度サーモグラフィーで検証までやってしまいました……。意外と日光を遮る効果もあり、単なる雨傘を「日傘ってすごいな」と思ってしばらく持ち歩いていたところ、ばっちり日焼けしたことで過ちに気付きました。動画の後半にもNGシーンが入っているので、見逃した人はぜひ見てみてください!

のだ ゆうた
ウェブメディアに潜伏してはや6年。休日はゲームの世界とお酒に溺れ、サウナとネコを愛する。狩猟免許を持っているが、狩猟経験はないペーパー猟師。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP