bouncy
ABOUT US
Culture

自然と一体化できるドーム型テント「OASIS dome」

忙しい日常から離れ、大自然の中に身を置いてリラックスできるキャンプ。そのキャンプにおいて重要なアイテムの一つが「テント」だろう。

アウトドアメーカーから様々なタイプのテントが発売されているが、一風変わったテントが、リトアニアの建築家Vytautas Puzeras氏が率いるOasis Teamにより開発された。360度大自然が見渡すことのできるドーム型テント「OASIS dome」だ。

より自然を近くに感じるため、透明の素材でできていて、テントの中の快適さと自然の中の解放感の両立を実現している。

洗練された空間

壁がなく、まるで自然の一部になったような気分を味わうことができる「OASIS dome」。テントというと夜寝る場所というイメージが強く、日が出ているうちはテントの中にいてはもったいないと思いがち。しかし「OASIS dome」は洗練されたデザインで、テントの中でヨガや、読書、お昼寝などを日中でも楽しむことができる。

プライバシーを守るためのカーテンも付いているので、必要に応じて使用することができる。

全天候型であらゆるニーズに応える

様々な場所に設置することができる「OASIS dome」は、あらゆる個人のニーズに応える設計である。例えば防水はもちろんのこと、耐風性・耐雪性でもあるため、非常に風の強い場所や雪が降る寒い場所でも、問題なく過ごすことができる。「OASIS dome」は外の天候に関係なく、あなたの安全を守り、安定した環境を保つように作られているとのことだ。

床はオイルで仕上げた最高品質のプライウッドでできていて、テントとは思えない上品な雰囲気を演出している。他にも虫の侵入を防ぐネットやカーテン、内部に結露が発生しないための通気孔が付属されている。さらにオプションで、床暖房・エアコン・ソーラーバッテリー・コンセントをつけることが可能。

また、「OASIS dome」には2つの種類がある。2人用の「OASIS 2」と4人用の「OASIS 4」である。

収納力も抜群

「OASIS dome」の特長として収納力があげられるだろう。不必要なものは床下のストレージに入れることができ、床の上をキレイな状態に保つことが可能。「OASIS 2」には2つのストレージ、「OASIS 4」には4つのストレージがついている。

好きなものを色々と持ち込んでも、くつろげるスペースがせまくならないのはとてもうれしいポイントだ。

材料は全てリサイクル可能

「OASIS dome」は、使われている材料にもこだわりがある。全体の構造は地元の木材でできた最高品質の合板が使われている。また床とアーチの部分には天然油が塗られ、手触りをソフトに仕上げている。透明なキャノピーは紫外線に強く、長年にわたってその透明性を維持してくれるという。そして全ての材料はリサイクル可能である。

太陽が降り注ぐ日中に「OASIS dome」で過ごすのもいいが、夜に満天の星空を眺めながら眠りにつくのも最高だろう。昼夜問わず快適に過ごせそうな「OASIS dome」で、自然をもっと近くに感じることができるかも?

OASIS dome
Courtesy of OASIS

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...