bouncy
ABOUT US
Art

デジタル技術でアナログ音を奏でる実験的音楽マシン「APPARATUM」

メディアアート&デザイン集団のpanGeneratorが、磁気テープから実験的音楽を奏でるアナログ音楽ジェネレータ「APPARATUM」を作り上げた。初めて実験的音楽に取り組んだといわれる「Polish Radio Experimental Studio」にインスパイアされた、コンセプト作品となっている。

既存の概念にとらわれない演奏方法

まるで実験器具のようなデザインの「APPARATUM」。タッチパネルを搭載し、図形を並べたり、サイズを変えていくと図形譜が完成する。並べた図形に応じて、「APPARATUM」はノイズミュージックのようなサウンドを奏でる仕組みだ。

デジタル技術で奏でるアナログ音

音源の一次媒体には、磁気テープが使われている。デジタルな仕組みで音楽を奏でるマシンだが、発生しているのはアナログ音という不思議な設計となっている。

なお、作曲した楽曲は演奏と同時に録音される。演奏が終了したら、図形譜と楽曲をダウンロードできるQRコードが紙に印刷されて出力可能だ。

・ ・ ・

実験的音楽を奏でるスタイリッシュなマシン「APPARATUM」。見たこともない機械から、誰も聴いたことのない音楽が生まれるかもしれない。

APPARATUM
panGenerator

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES