bouncy
ABOUT US
Art

紙面じゃ再現できない「2.8次元」の新しい電子コミック「PLASTIEK」

オランダ生まれのAndré Bergs氏と、タイ生まれのThawatchai ‘Boat’ Chunhachai氏の二人が作る電子コミックブランド「PLASTIEK」。

独自のA2.8DCF(2.8次元コミックフレームワーク)によって、紙も従来の電子コミックでも見たことないような作品を作り上げている。

買える?

「Protanopia」と「RRR」の2種類が1.99ドル(約230円)で、App StoreGoogle Playで販売中。

デバイスを傾けるとコマの中の世界も動く

独自の2.8次元技術を使ったアニメのような電子コミックになっていて、コマごとにキャラクターがアニメーションで動いていたり、スマホやタブレットを傾けるとコマの風景も一緒に変化する仕組み。コマはタップすると全画面で表示できるので非常に見やすく、没入感もなかなか高い。

いまのところ、作品はSFコメディアドベンチャー「RRR」と戦争を題材にした「Protanopia」の2種類。

・ ・ ・

無料で1ページだけ読めるアプリ「PLASTIEK」もあるので、英語じゃちょっと……という人は、PLASTIEKで新しい電子コミックの没入感の高さ、味わってみては?

PLASTIEK
André Bergs & Thawatchai Chunhachai

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP